スポンサーリンク

十和田湖 - 青い森BLOG
FC2ブログ

十和田湖のしぶき氷

↑見つけた!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)今年は観られないと思っていたのですが、タイミングよく見ることができました。「十和田湖 しぶき氷」↑美しい。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)■厳しい十和田湖の象徴■十和田市にある十和田湖は日本第三位の水深(m)あるカルデラ湖です。標高XXmに位置し、八甲田山から吹き降ろす強風冷気で、冬場はとても寒く厳しい環境となることで知られる湖です。そんな十和田湖の冬の風物詩の一つで...

秘密の展望台の紅葉

↑旧敢湖台に向かう旧103号線は目が痛くなるほどの紅葉。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)青森県と秋田県にまたがる十和田湖にあるお気に入りの場所へ行ってきました。「十和田湖 旧敢湖台」(かんこだい)  <敢湖台>↑惜しい、太陽が出ていれば。。。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■十和田湖とは?■周囲長46km、面積では12位、深さは第3位のカルデラ湖です。十和田湖八幡平国立公園に指定されている十和田湖は、湖畔に人工物も...

十和田湖のワカサギ

十和田湖の青森県と秋田県の県境の小さな川(神田川)を覗いたら沢山の魚影が。あっ、ワカサギが泳いでいる!「十和田湖」■十和田湖とは?■大部分を原生林に囲まれた自然美溢れる十和田湖は約20万年前からの火山活動でできた周囲長46kmで全国12位、深さ327mで全国3位のカルデラ湖です。 二重のカルデラ湖としては世界一の規模なんだそうです。光の加減によってコバルトブルーやエメラルドクリーンなど神秘的な色をしていることで...

新緑の十和田湖クルーズ

↑事務所とカフェ(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)新緑の十和田湖のクルーズツアーへ行ってきました。 あまりに絶景が多かったので、写真がいっぱいあるのですが、まだ整理がついておらず、今回はさわりだけ。「グリランド 十和田湖RIBツアー」 ↑これがクルーズに使用するRIBボート(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■神秘の湖、十和田湖■周囲長46km、面積では12位、深さは第3位の十和田湖は、世界最大の二重カルデラ湖でもありま...

十和田湖の秘密の展望台

↑こんな場所です。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森県と秋田県にまたがる十和田湖にある秘密の場所へ行ってきました。「十和田湖 旧敢湖台」(かんこだい)  <敢湖台>■十和田湖とは?■周囲長46km、面積では12位、深さは第3位のカルデラ湖です。十和田湖八幡平国立公園に指定されている十和田湖は、湖畔に人工物もほとんどなく、周囲が深い森で囲まれ、断崖絶壁が湖面から立ち上がっていて、船でなければ近寄れない場所も多...

十和田湖の紅葉2019

↑十和田湖湖畔の御前ヶ浜(ごぜんがはま) (EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森県の紅葉は標高の高いところから里に向かい約1か月ほど楽しめますが、素敵なスポットが沢山あって大忙し。 紹介が遅れてしまいましたが、十和田湖湖畔へも紅葉を観に行ってきました。「十和田湖 乙女の像」■十和田湖の観光スポット 乙女の像■十和田湖国立公園指定15周年を記念して十和田湖畔休屋に設置されている「乙女の像」は、昭和28年に設置さ...

秋の十和田湖かんこだい

↑向かう道はこんな感じ。通る車が少ないので落ち葉でいっぱい。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)↑この先が展望所。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)十和田湖が一望できるお気に入りのスポットで秋風景を観てきました。「敢湖台展望所 」 (かんこだい)■敢湖台から観る十和田湖が好き■十和田湖を地図で観ると飛び出ている半島があるのがわかるかと思います。この御倉半島にあるのが、この敢湖台です。標高583mから眼下に見える...

十和田湖 DE アップルパイ

↑素敵なロケーション(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)十和田市内から奥入瀬渓流に向かって走っていると、見かけるアップルパイの看板にズッキューンときてしまい、十和田湖湖畔でアップルパイを食べてきました。「十和田湖マリンブルー」■十和田湖畔に佇むお店■奥入瀬渓流を抜け、20分ほど十和田湖湖畔に面する国道104号線を走ると道路よりも湖畔側に建てられたかわらしいウッディなお店が見えてきます。お店には十和田湖湖畔に面した...

プレイバック11月21日

↑2005年 十和田湖湖畔 (EOS_10D+EF17-40mmF4L)青森県単身赴任から神奈川県に戻って7年、いくら探しても神奈川県では、青森色の紅葉には巡り合えません。「ホタテの稚貝200円!」(2005年)なんと使用9年!「現在のプロフィール画像です。」(2006年)「六ヶ所村泊地区の魚政さん 」のホタテ丼(2009年)「中津軽郡西目屋村にある尾太鉱山」で採掘された鉱物展示(2011年)...

プレイバック11月4日

↑2005年 十和田湖(EOS_10D+EF70-200mmF4L)約一か月続いた青森県の紅葉シーズン、八甲田方面はそろそろ終焉ですね。アプティネット紅葉情報なぜか「マックスコーヒー」(2005年)帰省_「クリスマスな風景」(2006年)人生最大の青森りんご「大鰐町のながさき屋」(2007年)種差の「海席料理処 小舟渡」(2008年)「八食センター 七厘村」(2009年)横浜の赤レンガのイベントに黒石市の「コロの家」が参戦(2013年)...

プレイバック10月25日

↑十和田湖 2006年10月25日(EOS_10D+EF70-200mmF4L)この時期になると標高の高い八甲田や岩木山の紅葉は晩秋の装いだったっけ。今年はどうですか?青森紅葉情報「八甲田山頂付近」(2005年)「津軽海峡の夜景」(2005年)「岩木山神社の狛犬」(2006年)「青森へ向け4:30に出発」(2008年)晩秋の「蔦沼 沼めぐり2」(2009年)「黒石市の中野もみじ山の紅葉」(2011年)「apple ながさき屋」さんからが青森りんごが届きました(2...

プレイバック9月6日

↑とっくに梅宮辰夫漬物本舗店舗はなくなっているのに。。。 十和田湖湖畔 2006年 (EOS_10D+EF17-40mmF4L)こちらも三沢基地航空祭そして十和田秋祭りと合わせて行われることの多い「十和田湖国境祭」HPを探したのですが、なかなか見つからない。やっと見つけたページには「毎年9月第1土・日曜」に開催とだけ。 となると今年は9月6日(土)と9月7日(日)の開催だよね?青森,岩手,秋田の祭りがいっぺんに観られるとっても素...

写真家たちの。。

↑こうやってみると青森の紅葉は素晴らしい! (06_10/21)テレビ東京系のBSデジタル衛星放送局「BSジャパン」で放送されている「写真家たちの日本紀行~未来に残したい情景~」という番組をご覧になったことありますか?毎回日本を代表する著名な写真家が旅人となって、毎回未来に残したい日本の美しい情景を紹介するという内容なんです。キヤノンが機材提供しているということもあって良く観ています。先週は米美知子さんが青...

晩秋の青い森4

↑大鰐から十和田湖へ抜ける102号線の紅葉 こちらは最盛期!という感じでした。一泊二日の強行軍であった今回の青森旅行、当初は時系列に沿って報告しようと思っていたのですが、旬な紅葉の風景をせっかく撮ってきたので、先にリアルな青森の紅葉風景を紹介したいと思います。行程とは異なってしてしまいますが、お許し下さい。さぁ、怒濤の更新スタートですよぉ!あと二つのBLOGもよろしく!蒼い海BLOG 三の重BLOG ...
01 | 2021/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -