スポンサーリンク

大鰐町 - 青い森BLOG
FC2ブログ

大鰐温泉もやし@いこい食堂

↑お店外観(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)冬が旬の希少食材、大鰐温泉もやしを使ったラーメンを食べてきました。「いこい食堂」  (食べログ)■大鰐温泉もやしとは?■350年前から栽培されている「大鰐温泉もやし」は、温泉を利用して栽培される大鰐町限定の野菜です。350年という歴史ある食材なのですが、生産量が少なく、青森県内でも大鰐町周辺以外では見かけることは少ない幻の野菜と言われています。特徴である30cm以上...

さばいしドライブインのかつ丼

↑駐車場ひろっ!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)マイブームの青森県内のドライブイン巡り。ドライブインを見つけると、つい入ってしまいます。 今回は大鰐町にあるこのお店に入ってみました。「さばいしドライブイン」 (食べログ)→青森県内のドライブインめぐり→弘前のアップルパイ43店舗食べ歩き中→むつ大湊海自カレー10店舗食べ歩き中→青森市の味噌カレー牛乳ラーメン5店舗食べ歩き→青森県のご当地ラーメン「煮干しラーメン...

大鰐温泉もやしのスタンプラリー

↑大鰐温泉もやしのラーメンだ!(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)大鰐温泉もやしラーメンを食べて豪華賞品をもらっちゃお! 、というスタンプラリーが始まったというので、早速行ってきました。「大鰐温泉もやしラーメンスタンプラリーへGo!」 ■大鰐温泉もやしとは?■350年前から栽培されている「大鰐温泉もやし」は、温泉を利用して栽培される大鰐町限定の野菜です。350年という歴史ある食材なのですが、生産量が少なく、青森県内で...

大鰐温泉駅前の温泉貸し切り

↑屋根もあるし、周りもビニールシートに囲まれているので雪の時も心配なし。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)貸し切り!って言っても足湯ですが。(苦笑)大鰐温泉駅前にある足湯施設へ立ち寄りました。「大鰐温泉駅前おもてなし足湯」■800年の歴史を持つ温泉地■津軽の奥座敷と呼ばれる「大鰐温泉郷」は、青森県南津軽郡大鰐町にある800年以上の歴史ある温泉地。  低張性弱アルカリ性高温泉は無色透明で硫黄臭はほとんどないのですが...

大鰐町のりんご醤油

↑鰐come来たよ。(EOS_M6+EF-M22㎜F2_STM)大鰐町にある「大鰐町地域交流センター鰐come」で、なにやら気になるお醤油を見つけました。「津軽りんご醤油」■りんごと甘酒と酢の入った醤油■シュッとしたおされな容器に入ったこの醤油、国産丸大豆醤油に青森りんごの「つがる」の果汁、そして糀甘ざけ、りんご酢が入った醤油だそうです。■マルシチの醤油■作っているのは「マルシチ津軽味噌醤油株式会社」という会社。「マル七」のロゴ...

今年も来たぜ、大鰐温泉もやし!

↑今シーズンもお世話になります。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)寒くなってきましたね。さぁ、今年も 「大鰐温泉もやし」のシーズン来ましたヨ! 「山崎食堂」 (食べログ)■山崎食堂とは?■弘前大鰐線大鰐駅ロータリ横にあるこのお店、特産の大鰐温泉もやしが食べられる食堂です。2010年12月東北新幹線の新青森駅が開業した際のCMに採用されたことでも知られてます。(10年前ですが記憶あるかな?)大鰐町内で大鰐温泉もやし...

大鰐温泉もやしが好き

↑大鰐温泉もやし タワー、上空からの映像です。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)南津軽 大鰐町の名産「大鰐温泉もやし」 もう、好きすぎて、今シーズンは5回も食べに行っちゃいました。「山崎食堂」  (食べログ)■山崎食堂とは?■弘前大鰐線大鰐駅ロータリ横にあるこのお店、特産の大鰐温泉もやしが食べられる食堂です。2010年12月東北新幹線の新青森駅が開業した際のCMに採用されたことでも知られ、また、弘前・津軽エリア...

大鰐のかつカレー

↑ワニの居るトンネルを抜けると。。。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)大鰐町の近くまで行ったので、ずっと心残りだった「カツカレー」を食べてきました。「さかえ食堂」 (食べログ)■大鰐町といえば大鰐温泉もやし■大鰐町といえば幻の野菜と言われる「大鰐温泉もやし」大鰐温泉もやしは、350年以上も前から温泉熱を利用した秘伝の方法で栽培されている青森県南津軽地方の野菜です。 栽培量が少なく、また、日持ちもしない...

温泉街の外れの喫茶ベル

↑喫茶店外観。(驚) (EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)冬になると南八甲田(ゴールドライン)が冬季閉鎖となるため、十和田市から大鰐町へ向かうには青森経由でぐるりと遠回りしないといけないので結構大変。 そんな大鰐町の冬の名産と言えば「大鰐温泉もやし」  とっても貴重で、現地でないと食べられない幻の野菜と言われています。 せっかく大鰐へ行ったのでチャンスだったですが、今回は贅沢にも違うものを食べてきました...

山崎食堂・2019冬

↑やっと食べられる。(嬉)(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森県の東部、南津軽に位置する大鰐町で350年前から栽培されている幻の野菜「大鰐温泉もやし」シーズンが始まったというので早速食べてきました。「山崎食堂」 (食べログ)■大鰐温泉もやしとは?■350年前から栽培されている「大鰐温泉もやし」は、温泉を利用して栽培される大鰐町限定の野菜です。350年という歴史ある食材なのですが、生産量が少なく、青森県内でも大...

さかえ食堂DE大鰐もやし

↑店内。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)せっかく大鰐町の近くまで来たんですもの、旬の味を食べて帰らないとね。「さかえ食堂」 (食べログ)■大鰐温泉もやしとは?■大鰐町の冬の味覚といえば、大鰐温泉もやし!大鰐温泉もやしは、350年以上も前から温泉熱を利用した秘伝の方法で栽培されている青森県南津軽地方の野菜です。 栽培量が少なく、また、日持ちもしないため、青森県内でも津軽地方以外ではなかなか目にすることがで...

大鰐温泉もやし2018

↑今年も届きました!(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)青森県大鰐町の銘産が今年も届きました。「大鰐温泉もやし」■大鰐温泉もやしとは■普通のもやしと形も味も全然ちがうこのもやし、350年以上も前から温泉熱を利用した秘伝の方法で栽培されている青森県南津軽地方の幻の野菜です。栽培量も少なく日持ちもしないため、青森県内でも津軽地方以外ではなかなか目にすることのできない貴重な逸品なんですヨ。■幻の野菜を堪能■こ...

山崎食堂2018・夏

↑昔ながらの店内(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)南津軽、大鰐町で栽培される野菜「大鰐温泉もやし」350年前から栽培されている歴史ある食材なのですが、生産量が少なく幻の野菜と言われています。 青森県内でも見かけることは少ないですよね。特徴である細く長いクキはシャキシャキして歯ごたえがとてもよく、ちょっと土の香りがして風味も最高! 旬は寒い冬の時期なのですが、なぜか?! この時期に食べることができました。...

青森りんご・2015

↑手書きが素敵!(EOS_M+EF100mmF2.8L_Macro_IS)りんごは世界では1万5千種、日本では2千種もあるそうです。青森県では試験場で約300種、青森県内では約50種類のりんごが栽培・生産されているんですって。毎年楽しみなりんごの時期になりました。今年も美味しい青森りんごが届きましたヨ!「アップル ながさき屋」今回は「シナノスイート」や「サンジョナゴールド」「トキ」「レッドゴールド」「星の金貨」という比較的メジャーな...
02 | 2021/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -