スポンサーリンク

深浦町 - 青い森BLOG
FC2ブログ

大銀杏ライトアップ始まる

↑今年も大迫力だ!(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)青森県西津軽郡の深浦町にある日本一のイチョウの木のライトアップが始まったというので観に行ってきました。「北金ヶ沢の大銀杏」↑ライトアップ始まりました。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)■ビックイエロー■深浦町北金ヶ沢にあるこのイチョウ、国指定天然記念物に指定(2004年)されている日本最大のイチョウなんですヨ。木の幹回り22m高さおよそ31m(2004年調査)、...

深緑のビックイエロー

↑これが日本一の大イチョウだ! (EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)日本一のイチョウの木として有名なイチョウの木を見てきました。「北金ヶ沢の大銀杏」■日本一の大イチョウ■青森県の西海岸、青森県西津軽郡深浦町北金ヶ沢にあるイチョウの木、木の幹回り22m高さおよそ31m(2004年調査)、樹齢1000年以上(300年以上(環境省自然環境局))ある日本最大のイチョウの木です。 2004年に国指定天然記念物に指定され、全国手に...

黄金崎不老不死温泉

↑今がチャンス!(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)この機を逃すまい。 恥ずかしがり屋なので永らく入ることが出来なかったあの人気の温泉へ超・久しぶりに行ってきました。「黄金崎不老不死温泉」■青森の端っコの絶景温泉■青森県の端っコにある「黄金崎不老不死温泉」岩場にある源泉かけ流しの「海辺の露天風呂」が自慢で、波打ち際の湯船に入ると視界には日本海の大海原しか見えないという開放的な絶景を楽しむことができる温...

青池ソフト

↑これが青池ソフトだ! (EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)神秘的な青池の余韻覚めぬうちにご当地ソフトを食べてきました。「JR五能線 十二湖駅産直コーナー」■物産館にもなっている十二湖駅■青池から離れること5km、十二湖観光の玄関口、JR五能線十二湖駅には、物産コーナー(十二湖駅産直コーナー)が併設されていて、十二湖周辺の観光情報をはじめ、ご当地みやげやご当地加工品など物産が販売されています。■青いソフトクリ...

十二湖一の透明度の池

↑青池を抜け、美しいブナの森を進みます。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)先日、遊びに行った白神山地の入口の十二湖に青池と並んで人気のスポットがあります。「沸壺の池」■十二湖一の透明度■青池をはじめキレイな湖沼の多い十二湖、33個の湖沼の中でも一番の透明度と言われているのがこの「湧壺の池」です。ブナの原生林に囲まれた静かな場所、上流から白神山地からの伏流水が流れこみ、青池とは違うエメラルドグリーンの水色と...

神秘の青池

↑青池へと続く道(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)せっかく十二湖まで行ったのですから、ここに行かないと!「青池」 (あおいけ)■青い森■青森県の県名は、海上から見えた青森市本町近くにあった青い森が港に入る船の目印になっていたことに由来するそうです。 そんな青森県には「十和田湖」「蔦沼」「奥入瀬渓流」など、青い風景がいっぱいです! →青い水を湛える十和田湖を一望できる秘密の場所「旧敢湖台」→青い森の代名詞「...

新緑の十二湖へ

↑やっぱり特別な雰囲気があるなぁ。(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)新緑の白神山地、十二湖へ行ってきました。「十二湖の森」■世界自然遺産 白神山地■青森県南西部(74%)から秋田県北西部(26%)にかけて広がる白神山地は、人の手がほとんど入っていない世界最大級の規模のブナの原生林と、貴重な動植物が分布することが認められ、1993年に日本初のユネスコ世界自然遺産(自然遺産)に登録された場所。(同時に屋久島...

日本一のイチョウの木

↑この巨大さ!さすが、日本一。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)青森県西津軽郡の深浦町にある日本一のイチョウの木のライトアップが始まったというので観に行ってきました。「北金ヶ沢の大銀杏」■ビックイエロー■深浦町北金ヶ沢にあるこのイチョウの木、超・おっきくないですか?木の幹回り22m高さおよそ31m(2004年調査)、樹齢1000年以上(300年以上(環境省自然環境局))で、日本最大のイチョウとして認定、また、2004年...

プレイバック5月27日

↑「沸壺の池」その美しさに息をのみました。2006年(EOS_10D+EF17-40mmF4L)単身赴任していた三沢市から200km離れた深浦町の十二湖エリア、白神山地の麓にあるその神秘的な森は何度訪れても素晴らしい場所でした。始めの頃は分からず、愛想笑いしまくりでした。「青森の言葉」(2005年)青池廻りのハイキングがおススメ!「沸壺の池」(2006年)「F2ジュニアとモデルさん」(2007年)全国のファミリーマートで開催された「ファミマ...

青い森の西海岸

↑この西洋風のコテージが良い雰囲気なんです!青森県の日本海側は、「津軽西海岸」と呼ばれ、絶景の夕日が見られる場所であると共に、青池、五能線、千畳敷海岸、サンタランド、黄金崎不老不死温泉、そして現在では日本第三位となってしまったかつて日本一だったみちのく温泉の大水車など、観光名所の沢山ある、ちょっと遠いけどひと味違った青森を楽しめるスポットなんです。「冬の西海岸を満喫しよう」と年の瀬せまった12/28、ウ...

通称白神ライン

青森県と秋田県の県境にある、ブナの原生林1万7000ヘクタールの森「白神山地」1993年12月に、屋久島と同時に日本初の世界自然遺産として登録された場所です。土曜日、その世界遺産白神山地のギリギリを走る「県道岩崎西目屋弘前線(通称:白神ライン)」をドライブしてきました。西目屋村から日本海まで3つの峠と六市町村を跨ぐこの道、40kmそのほとんどが砂利道の山岳道となっているため走行する車も少ないのですが、道路脇から見...

青い森な十二湖

↑沸壺の池数年間、いろいろと青森を見て回った私が、唯一足を踏み入れていない場所、深浦町。私の住んでいる三沢からは200kmほども離れた青森で一番遠いところにあるこの町に十二湖という33個の湖が集まった場所があります。日曜日(5/21)、行ってきました!(今年の初夏のJRポスターになってましたね)さすが白神山地の懐にあるだけあって十二湖周辺の森は鬱蒼としており、とても神秘的で木々の息遣いまで聞こえてきそうなほど素...

閉ざされた白神

↑この川の上流には美しい滝が待っていたのになぁ。。。残念です。日曜日(5/21)、弘前側から十二湖へ向かおうと白神ラインへ向かいました。20kmほど山道を走って冬季閉鎖区間(白神ライン入り口)へ到着。無常にも扉は閉ざされ、通行不可能となっていました。なんでも5/25開通予定なんだとか。。。「だったら入り口に通行止め表示しておけよ!」せっかく白神山地の入り口まで来たのだから、ただ引き返すのは勿体ない「近くにある暗...
02 | 2021/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -