スポンサーリンク

紅葉 - 青い森BLOG
FC2ブログ

真っ赤なりんご史料館

↑素敵な雰囲気です。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)黒石市にある紅葉の名所(?)に行ってきました。「青森県産業技術センター りんご研究所」■りんご研究所とは?■正式には地方独立行政法人 青森県産業技術センター りんご研究所」というこの研究所、青森県のりんごなど果実に関する研究や史料の展示などを行っているそうです。新品種や病害虫の駆除研究などを行う世界唯一の施設なんですって。↑りんご史料館(EOS_5DMark4...

日本一気難しいイチョウ

↑一日ですべて落葉してしまったそうです。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)青森県十和田市銀杏木(法量地区)にあるイチョウの巨木を観てきました。「法量のイチョウ」■日本第4位のイチョウの木■十和田市街から奥入瀬渓流に向かう国道102号線、人里離れた山中にある「法量のイチョウ」は、高さ約33m、幹周り約15m、推定樹齢約1100年の国の天然記念物に指定(1926年10月20日)されているイチョウの巨木です。イチョウの巨木として日...

奥入瀬渓流_晩秋2020

↑奥入瀬渓流の入り口@2020年11月1日(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)幸せなことに単身赴任が続き二年連続で青森県の紅葉を楽しむことが出来ました。大分遅れてしまいましたが、備忘録として11月初旬の風景を載せておきます。「奥入瀬渓流」↑雲井の滝@2020年11月15日(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)■奥入瀬渓流とは■火山の噴火でできた十和田湖が決壊して生まれた奥入瀬渓流は、苔生した岩、美しいブナやナラの木が生い茂る14....

大銀杏ライトアップ始まる

↑今年も大迫力だ!(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)青森県西津軽郡の深浦町にある日本一のイチョウの木のライトアップが始まったというので観に行ってきました。「北金ヶ沢の大銀杏」↑ライトアップ始まりました。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)■ビックイエロー■深浦町北金ヶ沢にあるこのイチョウ、国指定天然記念物に指定(2004年)されている日本最大のイチョウなんですヨ。木の幹回り22m高さおよそ31m(2004年調査)、...

秘密の展望台の紅葉

↑旧敢湖台に向かう旧103号線は目が痛くなるほどの紅葉。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)青森県と秋田県にまたがる十和田湖にあるお気に入りの場所へ行ってきました。「十和田湖 旧敢湖台」(かんこだい)  <敢湖台>↑惜しい、太陽が出ていれば。。。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■十和田湖とは?■周囲長46km、面積では12位、深さは第3位のカルデラ湖です。十和田湖八幡平国立公園に指定されている十和田湖は、湖畔に人工物も...

弘前城 光の桜紅葉

↑石垣にも映像が。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)新型コロナウィルスのクラスター発生前に弘前城で行われているプロジェクションマッピングを見に行ってきました。「弘前城×ネイキッド 光の桜紅葉」 (さくらもみじ)↑会場はこんな感じ。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■弘前城でプロジェクションマッピング■「弘前城×ネイキッド 光の桜紅葉」は、東京都の映像・空間演出の制作で世界的にも有名な株式会社ネイキッドが手掛...

紅葉の中の城ヶ倉大橋

↑こんな道を進んでいきます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)晩秋の城ヶ倉大橋を真横から観てきました。「城ヶ倉大橋」■城ヶ倉大橋とは?■八甲田酸ヶ湯温泉から黒石市へ抜ける国道394号線に掛かる「城ヶ倉大橋」は、1995年10月に開通した城ヶ倉渓谷をまたぐ大きな橋です。 全長360m、支間長が255mあり上路式アーチ橋としては日本一なんですヨ! ■紅葉時期は絶景■十和田八幡平国立公園の中にある城ヶ倉渓谷は四季を通じて素晴ら...

城ヶ倉大橋紅葉2020

↑2週間でだいぶ色づきました。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)紅葉は始まると一気に進みますよね。 一週間経つと、同じ場所とは思えないくらい景色が変わります。 天候不順などもあって約二週間ぶりに観に行った城ヶ倉大橋からの紅葉が見頃を迎えていました。「城ヶ倉大橋」■城ヶ倉大橋とは?■八甲田酸ヶ湯温泉から黒石市へ抜ける国道394号線に掛かるこの橋は、1995年10月に開通した城ヶ倉渓谷をまたぐ大きな橋です。 全長360m...

地獄沼2020秋

↑今がまさに見頃!(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)10月18日時点、酸ヶ湯温泉及び近くの地獄沼の紅葉が見頃でした。「地獄沼」■地獄沼とは?■アメダスが設置されているスポットで日本一雪が積もる酸ヶ湯温泉の近くにあるこの地獄沼は、火口跡に湧き出ている温泉水が流れ込み出来た自然の沼です。 源泉温度は98度、寒い場所なのに沼面にはいつも湯気が立ちあがっていて、周辺の噴気口からは有毒ガスが噴き出し、硫黄の香りが立...

まんじゅうふかし2020秋

↑湯気が恋しい季節です。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)紅葉が始まると行きたくなる。。。八甲田 酸ヶ湯温泉の近くにある隠れた癒しスポットへ行ってきました。「まんじゅうふかし」■まんじゅうふかしとは?■酸ヶ湯温泉近くの地獄沼の近くにあるこの「まんじゅうふかし」は、温泉の蒸気を通した青森ヒバの木箱の上板に腰掛け、湧き上がる湯気で温まるというもの。東屋のようになっていて、服を着たまま腰掛けて温浴効果が得られ...

城ヶ倉大橋の紅葉はじめ

↑素敵な景色!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森県の紅葉、標高の高い八甲田や岩木山の上部から色づき始めてきました。先日紹介した八甲田睡蓮沼、酸ヶ湯温泉や地獄沼周辺ではれから1週間ぐらいが見頃ではないでしょうか。 少し標高の下がった城ヶ倉大橋の紅葉は始まったばかりという感じです。10月3日の状況はこんな感じでした。「城ヶ倉大橋」↑見頃はこれから。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■城ヶ倉大橋とは?■八甲田酸ヶ...

秋色の睡蓮沼2020

↑睡蓮沼へ向かう途中のブナ林@谷地温泉付近(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)→四百年の歴史のある湯治場「谷地温泉」夏が長かった今年ですが、10月となり八甲田の木々も色づき始めてきました。車で行ける八甲田で一番紅葉が早い南八甲田中腹にある睡蓮沼へ行ってきました。「睡蓮沼」■睡蓮沼がある場所■南八甲田を抜ける103号線(通称:ゴールドライン)で一番標高の高い「笠松峠」近く、標高1000m程度のところに位置する睡蓮沼...

晩・晩秋の蔦沼2019

↑ここからスタート。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)少し前になりますが、雪が降る前の蔦沼へ行った報告です。「蔦沼」■秋が素晴らしい■蔦沼のある蔦温泉一帯は南八甲田の中腹に位置し、ブナの林に囲まれ、四季を通じて美しい景観を楽しめる場所として知られています。新緑の時期も素晴らしいのですが、秋は特に素晴らしく、一度観たらファンになってしまうこと間違いなしの絶景スポットなんですヨ。→新緑の蔦沼→全国的には有名な...

森の女神の秋の姿

↑晩秋の森の神の姿。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)前回「紅葉になっているかな?」と観に行き、全然紅葉していなかったので油断していたら、終わってマシタ。。。晩秋の森の女神の姿です。「日本一のブナの木 森の神」■森の神とは?■高さ29m、幹周り6.1m、樹齢400年と推定されるこのブナの大木は2008年に発見された際、1本のブナとしては日本一の巨木と認定されました。(全国巨樹・巨木林の会)近くで見ると幹が太く、根が...
02 | 2021/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -