スポンサーリンク

酸ヶ湯 - 青い森BLOG
FC2ブログ

黄金道路冬季閉鎖解除

↑酸ヶ湯 地獄沼のその先は通行止め (EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)冬季閉鎖道路の開通の知らせが聞こえてくると長かった青森県の冬もまもなく終わり。4月1日に雪の回廊が開通します。「八甲田・十和田ゴールドライン開通」■八甲田・十和田ゴールドラインとは?■八甲田山の南側を通る国道103号線その山頂部、谷地温泉から酸ヶ湯・八甲田ホテルまでの8kmは「八甲田・十和田ゴールドライン」と呼ばれ、初夏から秋スバラシイ自然美を...

地獄沼2020秋

↑今がまさに見頃!(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)10月18日時点、酸ヶ湯温泉及び近くの地獄沼の紅葉が見頃でした。「地獄沼」■地獄沼とは?■アメダスが設置されているスポットで日本一雪が積もる酸ヶ湯温泉の近くにあるこの地獄沼は、火口跡に湧き出ている温泉水が流れ込み出来た自然の沼です。 源泉温度は98度、寒い場所なのに沼面にはいつも湯気が立ちあがっていて、周辺の噴気口からは有毒ガスが噴き出し、硫黄の香りが立...

まんじゅうふかし2020秋

↑湯気が恋しい季節です。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)紅葉が始まると行きたくなる。。。八甲田 酸ヶ湯温泉の近くにある隠れた癒しスポットへ行ってきました。「まんじゅうふかし」■まんじゅうふかしとは?■酸ヶ湯温泉近くの地獄沼の近くにあるこの「まんじゅうふかし」は、温泉の蒸気を通した青森ヒバの木箱の上板に腰掛け、湧き上がる湯気で温まるというもの。東屋のようになっていて、服を着たまま腰掛けて温浴効果が得られ...

酸ヶ湯の雪洞2020

↑残念、今年はトンネルにはなっていません。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)酸ヶ湯温泉の春の風物詩、雪のトンネルを観に行ってきました。「酸ヶ湯温泉」→冬の酸ヶ湯温泉に入りに行ってきました■今年は積雪3m■八甲田山麓にある酸ヶ湯温泉付近はアメダスが設置されている場所で、一番雪が積もる場所だそうです。 記録的暖冬で全国的に雪が少なかった今シーズンは酸ヶ湯でも積雪が少なく、3mほどだったそうです。(温泉部(202...

酸ヶ湯へ入湯2020

↑雪の林を抜けると。。。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)ちょっとびっくり! 前回の入湯を調べたら約一年前でした。 年に一回、酸ヶ湯が恋しくなる身体のようです。(笑) 先日後輩との青森観光したときに入ってきました。「酸ヶ湯温泉 日帰り」↑酸ヶ湯温泉に到着! 八甲田大岳が美しい。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)■酸ヶ湯温泉とは■青森県のほぼ中央、八甲田連邦の西麓に位置する酸ヶ湯は、標高900mの一軒家温...

秋のまんじゅうふかし

↑まんじゅうふかしの入り口(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)八甲田にある酸ヶ湯温泉の近くにある隠れた癒しスポットへ行ってきました。「まんじゅうふかし」■まんじゅうふかしとは?■酸ヶ湯温泉エリアにある地獄沼の近くにあるこの「まんじゅうふかし」は、温泉の蒸気を通した青森ヒバの木箱の上板に腰掛け、湧き上がる湯気で温まるというもの。東屋のようになっていて、ゆっくりと腰掛けて温浴効果が得られる癒やしスポットです。...

絶好の八甲田の紅葉 その2

↑パッとひらけて毛無岱湿原に到着。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)疲れることが嫌いなので登山も走るのも苦手な私ですが「見たことない青森が観られるヨ」と言われ、意を決して(笑) ハイキングに行ってきました! 「毛無パラダイスライン」■酸ヶ湯から毛無岱湿原へ■北八甲田中腹部に広がる毛無岱(けなしたい)湿原へ向かうには八甲田ロープウェイ山頂駅から上毛無岱に向かい毛無岱湿原を抜けて酸ケ湯温泉・城ヶ倉方面へ抜け...

絶景の北八甲田の紅葉 その1

↑登り始める前、この時は良い天気だったんですヨ。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)先日の東奥日報の一面記事で「毛無岱((けなしたい)湿原の紅葉が見頃」という記事を見つけてどうしても観たくなり、行ってきました。「毛無パラダイスライン」 (八甲田ロープウェイHP)■今回のルート■八甲田の紅葉ポイントはいくつもあるようですが、今回は八甲田ロープウェイ山頂駅から毛無岱湿原を抜け、酸ケ湯温泉・城ヶ倉大橋へ抜ける「毛...

酸ヶ湯へ入湯2019

↑酸ヶ湯に到着! 雪が凄い。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)八甲田山へ樹氷を見に行き、心身ともに冷え冷えだったので立ち寄りました。→八甲田山山頂 -11℃ 風速15m 吹雪き「酸ヶ湯温泉」  ■酸ヶ湯温泉とは■青森県のほぼ中央、八甲田連邦の西麓に位置する酸ヶ湯は、標高900mの一軒家温泉旅館。山奥ですが、約300年前から湯治場として大人気で、1954年(昭和29年)に国民保養温泉地第1号に指定されたという歴史があります。八...

ディス(り)カバリー青森2

↑酸ヶ湯入口にある看板。  (EOS_10D+EF17-40mmF4L)お久しぶりです! 昨年(2106年)12月19日に青森県観光国際戦略局誘客交流課が製作した青森県のPR動画「ディス(り)カバリー青森」 衝撃的でしたね。青森言葉のラップバトルに思わずニヤリとしちゃいましたヨ。なんと?!このたび第二弾が完成したそうです。「ディス(り)カバリー青森2」 前回バージョンを超える難解ぶり。(笑) 今回も相当面白いです!是非!...

プレイバック3月1日

↑2006年酸ヶ湯(EOS_10D+EF17-40mmF4L)今年(2015年)はこの青い森BLOGをはじめて10年目!節目の10年目なので過去の備忘録的なものを作っておきたいと、昨年(2014年)4月から毎日過去記事をまとめています。「せっかくだから今まで使用していない過去の写真も使ってみよう」と過去の写真を探しながら記事更新しているのですが、過去記事のリンクを張り付ける作業と合わせ、なかなかの重作業です。あまりの大変さに途中でギブアッ...

プレイバック1月19日

↑2007年(EOS_30D+EF17-40mmF4L)酸ヶ湯へ向かう103号線、この日、私が通過したあと木々が倒れ通行止めとなり一時孤立状態になってしまいました。本日(2015年1月19日23時)現在、酸ヶ湯の積雪345cm、今年もひどいですね。祝 200,000アクセス!「冬のオオセグロカモメ」(2006年)「EF-S60mm F2.8 マクロ USM」(2007年)「東北新幹線 E5系「はやぶさ」記念試乗会」にエントリー(2011年)...

プレイバック10月8日

↑八甲田地獄沼 2005年10月9日(EOS_10D+EF70-200mmF4L)八甲田酸ヶ湯温泉のすぐ横にある「地獄沼」は火口跡に温泉水がたまったものだそうです。今年は紅葉が早いということなので、すでに見頃は過ぎてしまったかな?→青森県内の紅葉情報八戸駅の前の「エンゼル洋菓子店」のワッフル(2005年)「県内三ヶ所で観測史上最多を記録」(2006年)神奈川県相模原市で「ねぶたカーニバル」(2007年)「あおもり検定公式テキストブック」(...

プレイバック7月13日

↑2004年酸ヶ湯(EOS_10D+EF17-40mmF4L)6年前に紹介した手持ちの写真を幕末・明治時代の古風写真にしてくれというサイト、現在でも健在でした。「幕末古写真ジェネレータ」是非、遊んでみてください!田子町の「ガーリックセンター」 でニンニク食べまくろう!(2005年)東北町で「青森の天然ウナギ」を食べる (2006年)ソフトで加工「幕末な青森ねぶた」 (2008年)「湘南平塚青森県人会」へ入会できました。 (2009年)「弘...
08 | 2021/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -