スポンサーリンク

青森市スポット - 青い森BLOG
FC2ブログ

ねぶたラッセランド2019

↑ずら~っと青森ねぶたが並んでいます。 (EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)東北最大のまつり「青森ねぶたまつり」は、1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された期間中200万人以上もの観光客が集まる人気の夏まつりです。 あさむし水族館のあとは青森市のアスパム裏にあるねぶた団地へ行ってみました。「ねぶたラッセランド(ねぶた制作小屋)  」 ■ねぶたラッセランドとは?■ねぶたラッセランドは、大型ねぶたの制作兼保管場所...

看板娘 浅虫水族館へ行く2019

↑久しぶりの浅虫水族館。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)青森に到着して真っ先に向かったのがここ。 子供たちが今回どうしても行きたかった場所です。「青森県営 浅虫水族館」■あさむし水族館とは?■青森県青森市浅虫にあるこの水族館、目の前が陸奥湾という絶好のロケーションにある本州最北端の県営の水族館です。「陸奥湾の海」と名のついたトンネル水槽にはホタテやホヤの養殖風景が再現されていたり、有数の収穫量のスルメイカ...

家族を連れて青森へ2019夏

↑津軽弁の缶バッチ 結構人気?! (EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)今年(2019年)7月中旬から春まで青森県に単身赴任赴任となり、久しぶりに過ごす夏の青森。せっかくなので家族を青森県へ連れてきました。■かつて年に半年以上遊びに来ていた■前回、青森県に単身赴任していたのは今から10年以上前。2003年から2007年にかけて、トータルで4年間三沢市内のアパートに一人暮らししていました。 当時、長女6歳、次女2歳だった...

青森市文化観光交流施設へ行く

↑さぁ、青森の熱い夏へGO!(EOS_M6+EF35mmF2_IS)久しぶりに行きたくなって、ちょっと立ち寄ってみました。「ねぶたの家 ワ・ラッセ」■ワ・ラッセとは?■正式名称を「青森市文化観光交流施設」という青森観光コンベンション協会が管理するこのワ・ラッセは、その年の青森ねぶたまつりでねぶた大賞など、賞を受賞した大型ねぶたが一年中観られる、青森ねぶたの展示・伝承を目的として建設された青森市が管理する施設です。館内は青...

本州最北の水族館3

↑オオカミウオが可愛すぎる。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)大好きな青森県の大好きな水族館ですもの、二回では終えられない。(笑)「青森県営 浅虫水族館」 (いこ~よ)■浅虫水族館とは■1983年7月23日に開館し、今年で35周年を迎えた浅虫水族館は年間31万人(2018年実績)ほどが訪れる本州最北の水族館です。大人気の沖縄美ら海水族館は年間360万人というので、その10分の1ものお客さんが来ていることになります。 ちょっと凄...

本州最北の水族館2

↑オットセイが可愛すぎる。(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)大好きな青森県の大好きな水族館ですもの、一回では終えられない。(笑)「青森県営 浅虫水族館」 (じゃらん)■イルカショーは屋内ステージで開催■青森県唯一の水族館(八戸のマリエントは八戸市水産科学館ですから(苦笑)、イルカショーは完全屋内全天候対応ステージで開催されます。津軽三味線やねぶた囃子をイメージした音楽に合わせてイルカがジャンプした...

本州最北の水族館1

↑超・久しぶり! (EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森県の浅虫にある水族館、チャンスがあったので行ってきました。「青森県営 浅虫水族館」■あさむし水族館とは?■今年35周年(創業1983年)を迎えるこの水族館。本州最北の水族館として知られています。規模は小さいですが、ラッコの人工哺育で有名になったり、室内イルカショースタジアムやトンネル水槽など、水生動物など約400種、1万点以上を飼育展示しています。■9年振り■...

酸ヶ湯へ入湯2019

↑酸ヶ湯に到着! 雪が凄い。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)八甲田山へ樹氷を見に行き、心身ともに冷え冷えだったので立ち寄りました。→八甲田山山頂 -11℃ 風速15m 吹雪き「酸ヶ湯温泉」  ■酸ヶ湯温泉とは■青森県のほぼ中央、八甲田連邦の西麓に位置する酸ヶ湯は、標高900mの一軒家温泉旅館。山奥ですが、約300年前から湯治場として大人気で、1954年(昭和29年)に国民保養温泉地第1号に指定されたという歴史があります。八...

あおもり雪灯りまつり

↑会場入り口 奥に見えるのが青森ベイブリッチ(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森駅の近くで先週末に行われていた冬イベントへ行ってきました。「あおもり雪灯りまつり」 (あおもりゆきあかりまつり)■概要■青森駅前、駅から徒歩一分のワ・ラッセ横で行われたこのまつり、市民や子供たち、企業が製作した灯篭やアートなど雪とキャンドルの織り成す優しい灯りで訪れた人々の心を癒したいとという、市民参加型手づりイベントです...

冬の八甲田の山頂1

↑ロープウェイ駅へ向かう国道103号線はこんな感じ。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)冬の青森県、雪も寒さも厳しいですが、楽しいこともいっぱい!八甲田山へスノーモンスターを観に行ってきました。「八甲田ロープウェイ」■スノーモンスターが観られる■気温-5℃以下で針葉樹に過冷却水滴(霧のようなもの)が強風でぶつかりできる樹氷、有名なのは山形県蔵王・岩手県八幡平ですが、青森県でも八甲田山頂で見ることができます。晴天...

プレイバック3月6日

↑2006年八甲田(EOS_10D+EF17-40mmF4L)八甲田山スキー、ただ、ただ、感動でした。弘前市「津軽旨米屋」(2006年)むつ市「蛮」のあらんんどろん(2007年)「E5系はやぶさ導入」(2011年)...

プレイバック3月5日

↑八甲田山頂お土産屋さん 2006年(EOS_10D+EF17-40mmF4L)天候がよかったら素通り率100%の八甲田ロープウェイ山頂駅にあるおみやげ屋さん、結構面白いものが置いてありました。「非常食ヨシ!」(2006年)三年越しの夢かなう「八甲田の樹氷」(2007年)まさに絶景!「八甲田の樹氷」(2007年)...

プレイバック10月7日

↑かやの茶屋 2006年(EOS_30D+EF17-40mmF4L)八甲田山麓には三杯飲むと死ぬまで長生きするという伝説の飲み物があるんですヨ。むつ市「恐山」の合掌 霊場アイス(2005年)北八甲田田代平高原にある「又兵衛の茶屋」のきのこ鍋(2006年)...

プレイバック8月17日

↑2005年@アスパム(EOS_10D+EF17-40mmF4L)当時5歳の長女、お土産に選んだのは「青森ねぶたタオル」でした。あれから9年、大分色褪せちゃったけど、今でも現役で使ってるんですヨ。(笑)今でも現役「青森ストラップ」(2005年)青森の夏が終わります。「黒石よされ」(2006年)...
07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31