スポンサーリンク

青森県 - 青い森BLOG
FC2ブログ

羽田発八戸上空

↑羽田空港飛び立ちました。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)今回の青森出張は三沢空港行きの一便で向かいました。 ■航空法改正■ 2014年9月1日の航空法改正で機内での電子機器の利用が随分と変わりましたよね。 「航空法に定める「安全阻害行為等」に関する大臣告示の改正」 この改正で、飛行機内での電子機器並びに電波を発する機器の利用範囲がぐっと緩和された そうです。電子機器が離陸から着陸まで使えたり、条件によっては...

津軽三味線@りんご茶屋

↑まずは大間のマグロから。(EOS_M6+EF35mmF2_IS)私、下戸ですが、青森市本町にある飲み屋さんへ行ってきました。「民謡酒処 りんご茶屋」 (Facebloook)■りんご茶屋とは?■お店はビルの一階にあり、入口はシンプルに店名のみ。お店に入ってもカウンターと小あがりと奥にお座敷があるというシンプルなつくり。お料理の数は多くありませんが青森県の郷土料理が並び、津軽三味線のCDがBGMに流れています。一見すると小料理屋さん...

雲間から夜景が見えた

↑三沢空港離陸前。(EOS_M6+EF35mmF2_IS)青森出張、三沢空港からJAL便にて羽田空港へ帰ってきました。■帰りはAと逆の席がおススメ■三沢空港から羽田空港への航路はA席側の逆(進行方向右席)がおススメ。時間帯にもよりますが、日没や東京都心の夜景を身うことが出来るんですヨ。■航空法改正■ 2014年9月1日の航空法改正で機内での電子機器の利用が随分と変わりましたよね。 「航空法に定める「安全阻害行為等」に関する大臣告示の...

白い日光と桧原湖と舘鼻漁港

↑雪を纏った男体山 と 女峰山が美しい。(EOS_M3+SIGMA18-200mmF3.5-6.3ⅡDC_OS)↑福島県裏磐梯 の凍結した 桧原湖 ・ 小野川湖 が素敵。(EOS_M3+SIGMA18-200mmF3.5-6.3ⅡDC_OS)今回の青森出張は三沢空港行きの一便で向かいました。今回の写真は3月前半に撮ったものなので、まだ雪がだいぶ残っています。■今回はこんな感じでした■完全に真っ白でなく、雪が少し溶けてきたこの頃の山々が好きなので、いつも以上に夢中になって窓の外...

青森のわがままどんぶり

↑のっけ丼食事券(10枚券:1,300円・5枚券:650円)。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)海産物の美味しい青森県、青森駅前には市場が2つあり、地元の方はもちろん、旅行客でも旬で新鮮な魚を購入することができます。青森駅から数分のところにある市場で、自分だけの海鮮丼を作れるというので、行ってきました。「古川市場 のっけ丼」■古川市場■JR青森駅正面出口より徒歩約5分にあるこの古川市場は青森魚菜センターと呼ばれ、昭和4...

りんご甘酒

↑青森県産林檎 の文字が眩しい!(EOS_M6+EF35mmF2_IS)冬になると甘酒を飲みたくなりますよね。青森出張の折、三沢空港を利用した際、青森な甘酒を見つけました。「りんご甘酒」■青森県産リンゴを使用■厳選した国産の米麹の甘酒にリンゴの酸味を加えたという、ちょっと面白いもの。青森県産リンゴ「ふじ」果汁を5%配合し、甘酒のコクとリンゴの爽やかな味と香りを同時に楽しめるものだそうです。■実飲■酸味のある甘酒、その味...

味噌カレー牛乳ラーメン@浅利

↑店内。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)復活した青い森BLOG、2019年最初の記事は青森市の呪文のような絶品ラーメンからスタート!「味の札幌 浅利」■味噌カレー牛乳ラーメンとは■青森市内で愛されるこのラーメン、札幌のラーメン横丁でラーメン店を開いていた店主が昭和43年に青森市で「味の札幌 大西」という新規店舗を開店、そのお店で昭和50年頃に中高生の間でいろいろと組合わせて食べるのが流行り、その中で生まれたラー...

大鰐温泉もやし2018

↑今年も届きました!(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)青森県大鰐町の銘産が今年も届きました。「大鰐温泉もやし」■大鰐温泉もやしとは■普通のもやしと形も味も全然ちがうこのもやし、350年以上も前から温泉熱を利用した秘伝の方法で栽培されている青森県南津軽地方の幻の野菜です。栽培量も少なく日持ちもしないため、青森県内でも津軽地方以外ではなかなか目にすることのできない貴重な逸品なんですヨ。■幻の野菜を堪能■こ...

CAさん手作りのE190カード

↑今回は雲多し。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)羽田空港から三沢空港行きの定期便、大きな飛行機も飛んでいるのですが、席数が100席に満たない小さな飛行機も運航しています。今回青森へ向かうときその小さな飛行機エンブラエル190に乗ることができました。「エンブラエル190(E190)」 (蒼い海BLOG)■エンブラエルって?■エンブラエル社って聞いたことありますか?エアバス社(ヨーロッパ)、ボーイング社(アメリカ)、ボ...

プレイバック3月28日

新聞の一部です。トータル4年の青森生活で様々なことを経験させてもらいましたが、一番印象的だったのは新聞に取り上げられたことです。新聞で紹介されたあと単身赴任を1年間続けたのですが、大変な反響でびっくりでした。「東奥日報夕刊に」(2006年)「蕪島」(2007年)「亀久一」のかつそば(2007年)...

プレイバック11月8日

↑2006年 蔦温泉沼めぐり (EOS_30D+EF135mmF2.0L)この時期になると、紅葉と雪というコラボが楽しめるようになる青森県、さぁ、今年はどうだろう?「晩秋の奥入瀬渓流」(2005年)「真っ赤な蔦沼」(2006年)十和田市の「相馬菓子」の十和田アップルケーキが好き。(2008年)真っ赤な「十和田湖102号線」(2009年)「蔦の森で見つけたブナの実」(2011年)...

プレイバック10月29日

↑2009年 蔦沼 (EOS_KissX2+EF24-70mmF2.8L)青森を離れて2年、2009年10月久しぶりに青森へ遊びに行って蔦沼を散策(沼めぐり)しました。この森、素敵すぎです。「まんじゅうふかし」(2005年)六ヶ所村の「産業まつりへ」で鮭といくらゲットです。(2005年)青森紅葉情報「奥入瀬渓流」(2006年)八戸港へ入港した「地球深部探査船「ちきゅう」 」(2006年)「中野もみじ山の紅葉」(2008年)「三沢基地航空祭・サンダーバーズ...

プレイバック7月27日

↑2009年 蔦沼ハイキングコース (EOS_KissX2+EFS17-55mmF2.8IS)南八甲田の蔦沼、この時期は霧が発生することが多く、幻想的な姿を何度も観たっけ。下戸だけど飲み会好き「三沢市いろり」 (2005年)北海道旅行「あさひかわラーメン村」  (2006年)八戸市「館鼻岸壁朝市」 (2010年)「青函連絡船「八甲田丸」と、「可動橋」が7月25日に「機械遺産」に認定」(2011年)...

プレイバック7月15日

↑行くたび違った姿を見せてくれる蔦沼が好きでした。 2006年(EOS_10D+EF17-40mmF4L)青森を離れることを決めていた最後の2006年は、「もう、この時期の青森を気軽に見ることはできないだろう」と時間を見つけてはドライブしていました。この時期の蔦沼にも何度も足を運びました。「せんべい汁のインスタントカップ発見」 (2005年)「筋子茶漬け」青森県はお茶漬けもウマイ (2006年)久しぶりの青森帰省「蕪島のウミネコ」 ...
05 | 2019/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -