スポンサーリンク

青い森 - 青い森BLOG
FC2ブログ

最後はオスプレイの飛行展示

↑近くで観たのは初めて。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)そして、今年の三沢基地航空祭の最後に行われたのが輸送機オスプレイ(CV22)の飛行展示でした。「三沢基地2019年航空祭」 (デーリー東北web)■地上展示では内部見学可能■今回三沢基地2019年航空祭で個人的に一番嬉しかったのが、このオスプレイに乗れたことでした。 地上展示されたオスプレイの周りを何周もして観察。 内部のコックピットとカーゴ室もじっくりと観...

米軍飛行展示はF-16(驚)

↑相変わらず、ぐぃーんと、凄いです。(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)アメリカ空軍の飛行展示は事前入手できるプログラムには機体や内容は書かれておらず、当日まで何が飛ぶかわからないんです。 ブルーインパルスショーの後に行われたアメリカ空軍の飛行展示はなんと?! 午前中に行われたF-16のデモフライト・アゲインでした。→久しぶりのブルーインパルスは凄かった。「三沢基地2019年航空祭」 (株式会社ブルース...

ブルーインパルス@三沢基地2019

↑全てが絵になる。(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)三沢基地航空祭の人気イベントの一つ、ブルーインパルスショーは外せないですよね。「三沢基地2019航空祭」 (NAVERまとめ)■ブルーインパルスとは?■ブルーインパルスは、第4航空団飛行群11飛行隊という自衛隊所属の一部隊で、宮城県にある松島基地に所属し、曲芸飛行を行いながら広報活動することを任務としています。全国の航空祭やイベントでスモークを使用したアク...

航空祭でアメリカングルメ堪能

↑日本で未発売のスタバ瓶(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)三沢基地の航空祭は航空自衛隊・アリカカ空軍の共同開催ということで、ベースの中に入れるのが特徴で、ベース内で食べられているアメリカンフードも堪能できちゃうんですヨ。「三沢基地2019航空祭」 (FlyTeam)■アメリカンな食べ物が食べられる■出店はおっきなハンバーガーやターキーレッグ、ケーキ。。。日本では見慣れない飲み物や雑貨などがいっぱい!これを目当て...

地上の展示(自衛隊)

↑F-35Aカッコええ!(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)一方、自衛隊の方の地上展示はそのほとんどがロープやバリアで囲まれていて、直接触れることができませんが、F-2のコックピットの見学やF-2 翼ウォーク(小学生限定)などは可能となっていました。「三沢基地2019航空祭」■展示機■今年の三沢基地航空祭の航空自衛隊の地上展示はXX機(後報)。記念カラーや、普段三沢に居ない機体なども披露されて、充実の内容でした。中...

地上の展示(米軍)

↑伝説の攻撃機 A-10 (EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)航空自衛隊によるデモスクランブルのあとは、アメリカ空軍の展示飛行が予定されていましたが中止となったためここでお昼休み。三沢基地の航空祭は展示も豪華なんですよね。まずはアメリカ空軍から。「三沢基地2019航空祭」■展示機■今年の三沢基地航空祭のアメリカ空軍の地上展示はXX機。(後報)↑朝はまだお客さん少な目。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)↑こんな感じで...

F-2デモスクランブル

↑カッコええ。(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)F-16デモフライトの次は「F-15J戦闘機の機動展示」の予定だったのですが、早朝の天候不良のため千歳基地から飛来することができず、プログラムは中止。 引き続き行われたのはF-2戦闘機2機によるデモスクランブルでした。→F-16デモフライトの様子(2019年)「三沢基地2019航空祭」■記念塗装機登場■対領空侵犯措置として緊急発進する様子が見られるこの展示に、F-2戦闘機の特...

F-16デモフライト

↑こんな感じに展示されています。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)航空自衛隊のF-2戦闘機が機動展示を終え、着陸した直後に今度は米軍のF-16(ファルコン戦闘機) 1機が離陸。デモフライトが15分間行われました。→F-2戦闘機機動展示の様子(2019年)「三沢基地2019航空祭」■プログラム03:F-16(アメリカ空軍)によるデモフライト■ホームの米軍F-16戦闘機、普段の日でも「パイロットの技術保持のため」と良く行われているので、基地...

F-2戦闘機 機動展示

↑カッコええなぁ。(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)三沢基地航空祭、地上展示はもちろん、飛行展示の多さも魅力の一つです。「三沢基地2019航空祭」■飛行展示数■8時半から14時半までの5時間(昼一時間休憩)で航空自衛隊・アメリカ空軍合わせて10回の展示飛行があります。→三沢基地2019航空祭プログラム・オープニングフライト:航空自衛隊・アメリカ空軍・航空自衛隊:4回(F-2・F-15J・F-2デモスクランブル・F-2対空射爆...

航空祭朝8時開門?

↑7:30 この列を観た時には愕然としました。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)三沢基地航空祭は開門時間は8時からと公表されています。朝8時半のオープニングフライトから始まるので、熱烈なファンの方は夜明け前から開門の列に並ぶようですが、今年はどうだったのでしょう。「三沢基地2019航空祭」■入場口は3つ■航空自衛隊三沢基地とアメリカ空軍の日米共同使用の三沢基地、航空祭当日の入口はメインゲート・Rゲート・ファルコ...

当日のプログラム

↑朝6時の時点でこんな感じ。 深霧で、視界不良な状況でした。 (EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)三沢基地航空祭は事前にプログラムが公開され実施されますが、天候や状況により変更されることがあります。今年(2019年)はこんな感じでした。「三沢基地航空祭2019」■事前スケジュール■事前に公開されたスケジュールは以下。オープニングフライトでF-35Aが飛ぶこと、米軍の飛行展示で何が飛ぶのかに注目が集まっていました。→20...

10年ぶりの三沢の航空祭

↑この迫力が三沢基地航空祭!(EOS_5DMark4+EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ)毎年10万人以上が訪れる青森県三沢市最大のイベント、航空祭。10年ぶりに行ってきました。来年以降(行けるかわからないけど)のための備忘録として時系列ごとの紹介したいと思います。良かったらご覧ください。「三沢基地航空祭2019」■三沢基地航空祭とは?■航空自衛隊の唯一の日米共同使用の基地、航空自衛隊三沢基地。その基地で毎年この時期(9月)に行わ...

C-2輸送機体験搭乗

↑乗ります!(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)明日(9月8日)行われる「三沢基地航空祭2019」に先立ち、行われたイベントに参加しました。「C-2輸送機 体験搭乗」■C-2輸送機とは?■「C-2輸送機」は1機230億円! 純日本製の機体で、長さ幅とも44m、高さ14mあり、「青い鯨」(Blue Whale:シロナガスクジラ)の愛称で呼ばれているそうです。 20t積んで7600km飛べる、日本最大の輸送機なんですって。↑さぁ、入りますヨ。(EOS_5DMar...

青森県人のたしなみ・朝ラー

↑6時をちょっと回ったところなのにこの人出。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)青森県は人口10万人あたりのラーメン数が全国6位の37.72店(2018年調べ)と、カップ麺の購入量全国1位(2019年総務省)という超・ラーメン好き県!朝ラーメンも青森県民のたしなみの一つというので、行ってきました。「ラーメンショップ 天間林店」 (食べログ)■朝ラー文化■全国数か所で朝ラー文化があるそうですが、ラーメン大好き青森県でも朝ラ...

南八甲田 千年の秘湯に入る

↑ブナの森に囲まれたロケーション(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)緑のブナの森と温泉に入りたくて行ってきました。 「蔦温泉」■蔦温泉とは?■十和田市十和田湖町の南八甲田山麓にある蔦温泉は、周りをブナ林そして美しいい沼々に囲まれた一軒宿の「蔦温泉旅館」にあります。周辺は自然たっぷりの静かな森が広がり、新緑の時期は点在する沼めぐりでジブリな世界を、紅葉時期は真っ赤に染まる絶景が観られる場所として知られていま...

三沢基地航空祭2019

↑パンフレットゲットです。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)今度の日曜日、三沢市最大のイベント航空祭が行われますね。日本最大規模の航空祭、このところ毎日のように戦闘機が予行練習を繰り返していて、とても賑やかです。「三沢基地航空祭2019」■当日のプログラム■当日のプログラムはこんな感じ。朝の8時半から14時半までひっきりなしに飛行展示が行われ、一瞬も目が離せません。F-35Aの飛行はないかと思いましたが、オープニングフ...

十和田の絶品ラム肉

↑お店外観(EOS_M6+EF35mmF2_IS)単身赴任の宿のある十和田市内で美味しい羊肉のお店を見つけました。「ラム肉専門店 ラム善」■お店の特徴■良質な羊肉と豚・牛肉を扱うお肉屋さんに併設しているこのお店、品質にこだわり、それでいて安いと評判のレストランです。■お店のある場所■お店があるのは十和田市街の外れ、住宅街の端っコにあり、高台から田園風景が見渡せるステキなロケーションにあります。大きな窓があり、昼間に行くと...

9月のクドパンは秋味

月になりましたね! もう、一か月もすると青森の山々は紅葉の時期になります。青森の秋を感じるものと言えば、嶽きみ、サケにりんごにキノコ。。。「工藤パン」も秋味の発売です。→やっぱりこれは外せない「嶽きみ」→鮭ゲットぉ!「イギリストースト(マロンあん&マロンクリーム)」■青森県民のソウルフード■青森県民のソウルフード数あれど、ソウルパンと言えば「工藤パン(通称:クドパン)」ではないでしょうか。  1932年創...

上高地のバラ焼き on the カレー

↑(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)ちょっとクセになっちゃって、またまた行ってきました。「食堂 上高地」 (前回記事)■食堂 上高地とは?■十和田市内から奥入瀬渓流(八甲田)方面へ30分ほど走った山間の焼山にあるこのお店、今年で創業47年目になる老舗の食堂です。 長野県松本市の上高地ではなく、なぜ?青森県で上高地なのかは不明です。今度行ったら聞いてみよう。■メニュー■メニュー(抜粋)はこんな感じ。 よくある食...

奥入瀬2019夏その1

↑十和田湖、青くて美しい!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)紅葉になってしまう前の緑の奥入瀬渓流が観たくて行ってきました。「奥入瀬渓流」■奥入瀬渓流とは■秋田県、岩手県そして青森県にまたがる十和田湖。緑の山々に囲まれたコバルトブルーの湖から流れ出る奥入瀬渓流は、ブナの森の中を流れる奥入瀬川の流れ、滝、苔生した岩々などが複雑に組み合わされた、どこを観ても絶景が楽しめる十和田湖国立公園内の景勝地です。奥入瀬...

八戸の日本一の朝市・2019夏2

↑美味しそうなものがいっぱい。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)とっても素敵な八戸の朝市、一回だけでは終われない。写真だけですがもう一回載せちゃいます。「舘鼻岸壁朝市」■舘鼻岸壁の朝市■青森県八戸市の舘鼻岸壁で毎週日曜日に行われている大人気の朝市、日の出まえからお客さんでごった返す、出店数もスケールも日本最大の朝市です。→八戸の日本一の朝市の風景■朝から皆さん大食感■朝市の醍醐味と言えば新鮮な魚介類や...

八戸の日本一の朝市・2019夏1

↑気持ちの良い朝の陽気(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)毎週日曜日に八戸舘鼻漁港で行われている朝市へ行ってきました。「舘鼻岸壁朝市」■日本一の規模■青森県の南側、太平洋に面した八戸市はイカやサバなどの新鮮な海の幸が水揚げのある港町、イカ釣り漁船が停泊する舘鼻漁港では、毎月3月から12月の間の日曜日に朝市が行われています。この朝市、長い漁港に無料大駐車場2ヶ所と朝市会場を配置し、800mの区画の中に300店以上の出...

死ぬまで長生きできる茶屋

↑萱野の高原の名物(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)青森市内から八甲田に上る国道103号線、八甲田への入口にある茶屋へ寄ってみました。「長生きの茶屋」 (食べログ)■かやの茶屋とは?■標高540m、八甲田連峰の麓にある萱野(かや)の高原には「萱野茶屋」「カヤ野茶屋」「長生きの茶屋」という3軒の茶屋が隣接してあります。 そのうちの一軒「長生きの茶屋」は、酸ヶ湯温泉直営というお休処で「長生きのお茶」をはじめお蕎麦や味噌...

野辺地伝説の駅弁 販売終了

↑小さな野辺地駅の待合室にある立ち食いソバ屋さんで売っています。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)野辺地駅で昔から売られている駅弁が販売終了と夏というので、行ってきました。「駅弁 野辺地とりめし」↑朝電話してゲットできました!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■野辺地とりめしとは■野辺地とりめしとは、今から67年前(1952年)に販売が開始された 青い森鉄道 野辺地駅で売られている地元で人気の駅弁です。炊き込みご飯...

模型のタミヤがやってきたPart2

↑パンフレットからしてワクワク。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)世界中に支持されている精巧模型で知られる創業70年以上の静岡県の老舗模型メーカー「タミヤ」が青森県七戸で展示会を行っているというので行ってきました。「模型のタミヤがやってきたPart2」■2年ぶりの開催と初展示■このタミヤ展は2016年夏に開催された大人気イベントの第二弾で、タミヤの代名詞のスケールモデル・RCモデル・ミニ四駆・ジオラマ・ミリタリーミニチュ...

アップルサイダー

↑夏にぴったり。(EOS_M6+EF35mmF2_IS)以前紹介しましたが、りんご生産日本一の青森県にはたくさんのリンゴジュースがあります。お気に入りがいくつもあるのですが、炭酸だったらこれがお気に入り。→青森りんごの過去記事「アップルシャワー」■シャイニーとアオレン■青森県内のスーパーに行くと、りんごジュースが箱で売られているのをよく見かけます。それらは大体シャイニーとJAアオレンというメーカーなんですよね。シャイニー...

奥入瀬の上高地

↑焼山側からはこの看板が目印。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)十和田市奥入瀬渓流近くにあるお店でバラ焼き丼を食べてきました。「食堂 上高地」■奥入瀬なのに上高地■創業1972年のこのお店、奥入瀬渓流にほど近い焼山にある大衆食堂です。十和田市ですが、上高地という名。(笑)↑味のある店内(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■お店のある場所■お店があるのは十和田市の中心地から車で30分ほど走った十和田湖温泉郷焼山の外...

金魚ねぷたみくじ

↑廻りは田園風景が。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)↑立派です。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)青森らしい面白いおみくじがあると聞いたので行ってみました。「鶴田八幡宮 金魚ねぷたみくじ」■鶴田八幡宮とは?■青森県の津軽平野にある鶴田町、その中心にある「鶴田神社」は飾り気のない小さな神社ですが、津軽弁の文章みくじや町の名所、鶴の舞橋の改修時に出た木材を表紙、裏表紙として再利用した御朱印長など、色々なことを...

嶽きみ2019

↑久々のご対面(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森県内の夏まつりが終わると、この季節の到来です。「嶽きみ」(だけきみ)■15年前からのファン■青森県弘前市の岩木山南山麓の高原で収穫される嶽(だけ)きみは、フルーティで歯がうづくほどの甘さは糖度20度ほどもあり、「日本一甘いとうもろこし」と言われています。この甘さは標高400~500mの耕地、寒暖差が10℃以上の過酷な環境での栽培から生まれるものなんだそうです。 はじ...

青森ねぶたの花火大会2019

↑平日なのに凄い人!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森ねぶたまつりの最終日の花火大会へ行ってきました。「青森花火大会」■ねぶたと花火の競演■青森ねぶたまつりの最終日に行われるこの花火大会は、約1万1000発を打ち上げる青森県最大の花火大会です。会場となる青森港内では花火に合わせてねぶたが海上運航を行い、迫力の花火とともに勇ましいねぶたの姿を観ることのできる今年で65回目となる人気のイベントです。→前回は2007...

8月のクドパンはさわやか

↑大好きな色合い。(笑) (EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)青森県民のソウルフード数あれど、ソウルパンと言えば「工藤パン(通称:クドパン)」ではないでしょうか。 こちら青森では山崎製パンやフジパンと並ぶ超メジャーな製パン会社ですよね。そのクドパン8月の限定商品を食べてみました。「イギリストースト(バニラヨーグルトクリーム&ホイップ)」■青森県民のソウルフード■イギリストーストやチョコレイ、カツサンドなど、人...

青森ねぶたまつりその2

↑とにかくお囃子がスゴイ! <ヤマト運輸ねぶた実行委員会> (EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)青森ねぶたも一回では終われない。「青森ねぶたまつり」■全日程ですべてのねぶたが運行するわけではない■国の重要無形民俗文化財に指定されている青森ねぶたまつり、今年(2019年)は昨年よりも5万人多い285万人の観光客が観に来られたようです。 青森ねぶたには企業や団体が制作するフルサイズ(幅9m・奥行き7m・高さ5m)の大型...

青森ねぶたまつり2019その1

↑路地裏から観るねぶた。 その姿、鳥肌ものです。 (EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)今回、家族を青森旅行へ連れてい行った目的の一つがこの祭りを見に行くことでした。「青森ねぶたまつり」■青森ねぶたまつりとは?■1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された、青森県いや、東北最大のおまつり「青森ねぶたまつり」は、青森県青森市で毎年8月2〜7日の日程で開催される夏まつりです。 幅9m・奥行き7m・高さ5mという大きさ...

立佞武多2019その2

↑小型のねぷたも迫力満点!(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)素晴らしいお祭り、一回だけの紹介では勿体ない! 「五所川原 立佞武多祭り(たちねぷた)」■立佞武多祭りとは?■青森県五所川原市で行われる祭りのひとつ五所川原の立佞武多祭りは、80年を経て復活した津軽を代表する夏まつりです。 3台の20m越えの大型立佞武多と町内・学校などで制作された中・小型のねぷた約15基が出陣し、細い五所川原の街を例年曜日にかかわ...

立佞武多2019その1

↑駅前に立佞武多が3基集まる姿は圧巻。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)昨年(2018年)に続き、今年も観に行くことができました。  しかも家族と一緒に。(嬉)「五所川原 立佞武多祭り(たちねぷた)」■五所川原 立佞武多祭りとは?■青森県西部、青森市の隣にある五所川原市で開催される立佞武多まつりは高さ20m以上の3基の巨大な山車(立佞武多)が五所川原市街を練り歩くという火祭りです。120年以上前から7階建てのビルに匹敵...

ねぶたラッセランド2019

↑ずら~っと青森ねぶたが並んでいます。 (EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)東北最大のまつり「青森ねぶたまつり」は、1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された期間中200万人以上もの観光客が集まる人気の夏まつりです。 あさむし水族館のあとは青森市のアスパム裏にあるねぶた団地へ行ってみました。「ねぶたラッセランド(ねぶた制作小屋)  」 ■ねぶたラッセランドとは?■ねぶたラッセランドは、大型ねぶたの制作兼保管場所...

家族を連れて青森へ2019夏

↑津軽弁の缶バッチ 結構人気?! (EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)今年(2019年)7月中旬から春まで青森県に単身赴任赴任となり、久しぶりに過ごす夏の青森。せっかくなので家族を青森県へ連れてきました。■かつて年に半年以上遊びに来ていた■前回、青森県に単身赴任していたのは今から10年以上前。2003年から2007年にかけて、トータルで4年間三沢市内のアパートに一人暮らししていました。 当時、長女6歳、次女2歳だった...

そば茶房といち

↑ぶっかけそば(大盛)を注文。 温玉と揚げ玉が付きます。(EOS_5DMark4+EF-M32mmF1.4_STM)東北新幹線七戸十和田駅の近くにあるお蕎麦屋さんへ行ってきました。「そば茶房 といち」■そば茶房といち■地元七戸産の蕎麦を使った打ち立て細切りの蕎麦と、こだわりの製法のにしんが特徴のお蕎麦屋さんです。 店名の「といち」は「蕎麦粉10に対して小麦粉(つなぎ)1の割合のおそば」を出していることに由来するそうです。この地方で...

ひろさき夏のスタンプラリー

↑ポストカードもらったヨ。(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)来月2日から行われる弘前ねぷたまつりに先立ち、弘前市内でスタンプラリーが始まったというので、行ってきました。「ひろさき桜ミクスタンプラリー」■弘前ねぷたまつり■「ヤーヤードー」の掛け声とともに三国志や水滸伝などを題材にした武者が描かれた扇形のねぷたが城下町を更新する「弘前ねぷた」は弘前市を代表する夏のお祭り。 躍動感を前面に打ち出した青森...

田子町にんにくのラーメンtoカレー

↑田子ニンニク天国(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)国産にんにくというと、どの産地を思い浮かべますか?美味しいにんにく料理が食べたくなって、田子町まで行ってきました。「田子町ガーリックセンター」■青森県は日本一の産地■日本国内のにんにくの収穫量(農水省H28年統計)は、青森県(14,200t),香川県(744t),北海道(648t)と断トツで青森県が一位。シェアは68%ほどもあるそうです。青森県内のにんにく産地は三戸町、十和田...

青森ねぶたまつり間もなく

↑一週間前の様子。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森県は夏まつりウォークに入りましたね。弘前ねぷたまつり、五所川原の立佞武多をはじめ、各地域で様々なお祭りが行われますが、一番有名なのは青森ねぶたまつりでしょう。→八戸三社大祭は8月1日からスタート弘前ねぷたまつり8月2日からスタート五所川原立佞武多は8月4日からスタート「青森ねぶたまつり」■青森ねぶたまつり■青森ねぶたまつりは青森県青森市で行われる夏まつり...

雲間の三沢便

↑お台場 東京タワーとスカイツリーが見えています。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)↑雲が多いけど、素敵な景色。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)少し前の風景写真になりますが紹介します。■航空法改正■ 2014年9月1日の航空法改正で機内での電子機器の利用が随分と変わりましたよね。 「航空法に定める「安全阻害行為等」に関する大臣告示の改正」 この改正で、飛行機内での電子機器並びに電波を発する機器の利用範囲がぐ...

青森にエヴァンゲリオン上陸

↑展示は撮影禁止です。(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)テレビCMがバンバン入ってますよね!青森市で行われている「エヴァンゲリヲン」の展示会へ行ってきました。「エヴァンゲリオン展」■エヴァンゲリヲン展とは■テレビシリーズのセル画や劇場版の生原画、設定資料など約300点をはじめ約1000点の画コンテやレイアウトなどを展示説明するこの展示会、今までに東京都、福岡県、愛知県、大阪府、香川県、山口県、神奈川県、島...

いろはすりんご衝撃の事実

↑な、なに~青森産ですと?! (EOS_M6+EF-M22㎜F2_STM)いろはすのくだものフレーバ、ちょっとカロリーが気になりますが、美味しいですよね。「水だけじゃものたりない」時に時々飲みます。先日、「いろはすりんご」の衝撃的発見をしました。「い・ろ・は・す りんご」■いろはすのくだものフレーバ■発売が開始されたのは2010年、みかんが初だったそうです。その後、バナナやいちご、アップルシナモン、スパークリングりんご、ア...

青い森の夏まつり2019

br clear="all" />↑素晴らしい情景です。@新町通り(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)青森の熱い夏、始まります!先日12年ぶりに青森県へ単身赴任となり、この夏は久しぶりに青森県で過ごすことができそうです。 夏まつりも行けるだけ、観に行ってみようと思い、青森県内主要地域の祭り日程を調べてみました。 家族も遊びに来くるので一緒に観に行けるのが楽しみ!久しぶりにじゃわめいております。 7/26(金)~7/28(日)...

7月のクドパンはエヴァ!

↑イギリストーストがエヴァ バージョンに!(EOS_M6+EF35mmF2_IS)青森県民のソウルフード数あれど、ソウルパンと言えば「工藤パン(通称:クドパン)」ではないでしょうか。 こちら青森では山崎製パンやフジパンと並ぶ超メジャーな製パン会社ですよね。そのクドパン7月の限定商品を食べてみました。「イギリストースト暴走総モード」「チョコレイシンクロモード」■青森県民のソウルフード■イギリストーストやチョコレイ、カツサン...

サクランボ全国4位の青森

↑美味しそうなサクランボがいっぱい。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)りんごの収穫地として有名な青森県、実はさくらんぼの産地であることをご存知ですか?ギリギリになっちゃいましたが、産直へ行ってみました。「名川チェリーセンター」■全国4位の収穫量■青森県のサクランボ収穫量(785t)は山形県(12,000t),北海道(1,650t),山梨県(999t)に次いで全国4位なんだそうです。(農林水産省H21年度統計)山形県の1/15程度で...

馬肉のバラ焼きを食べる

↑記念すべき十和田市単身赴任での初食です。(EOS_5DMark4+EF35mmF2_IS)青森県への単身赴任は初めてではなく、過去に2回トータル4年間を三沢市で過ごしました。太平洋に面した三沢市は青森県の南部地方(八戸市・三沢市など)に位置し、津軽地方(青森市・弘前市・五所川原市など)や下北地方(むつ市・大間町など)に比べて比較的暖かいことが特徴です。3回目となる今回は少し内陸部に入った隣町の十和田市へ住むことになりまし...

令和元年に青森駐在です!

↑お祭りウイークに間に合いました!(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)11年ぶりに青森県のお仕事にアサインされ、昨年(2018年)から青森県へたびたび出張をしていましたが、このたび、来年の春まで青森県へ単身赴任することとなりました。久しぶりの青森県への駐在、前回は観るもの、食べるもの、知り合う人すべてに感動し、3年間で8万キロ弱も走ってしまいましたが、今回も時間が許す限り、青森県内を観て回ってみたいと思い...

東京発三沢行最終便の空

↑東京上空 この美しさは言葉にならない。(EOS_M6+EF-M11-22mmF4-5.6IS_STM)今回の青森出張は三沢空港行きの最終便で向かいました。 ■航空法改正■ 2014年9月1日の航空法改正で機内での電子機器の利用が随分と変わりましたよね。 「航空法に定める「安全阻害行為等」に関する大臣告示の改正」 この改正で、飛行機内での電子機器並びに電波を発する機器の利用範囲がぐっと緩和された そうです。電子機器が離陸から着陸まで使えたり...
08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -