スポンサーリンク

青い森 - 青い森BLOG
FC2ブログ

お知らせ

↑アマビエの南部せんべい見つけた。(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)新型コロナウイルス感染症患者が発生しているものの感染がまん延している状況にはなく、当面の封じ込めがなされていると判断した青森県知事から引き続きの青森県対応として「休業要請終了」また「引き続き5月7日から31日までの間、全県を対象として3つの密を避けるよう」協力要請がありました。(5月5日)政府から緊急事態措置の要請があって一か月、厳し...

44_ル・ブルジョンnoアポーパイ

↑お店外観。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)土手町にあるケーキ屋さんのアップルパイを買ってみました。「ル・ブルジョン」(le bourgeon) <Facebook>■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している「弘前アップルパイガイドマップ」にこの「ル・ブル...

青いりんごジャムが欲しくて

↑これが欲しかった。(EOS_M6+EF-M22㎜F2_STM)これが欲しくて頑張りました。「青い森の天然青色りんごジャム」■青い森には青いジャムがある■ロイヤルブルーが綺麗なこのジャム、青森の会社と青森県産業技術センター農産物加工研究所との共同開発した青森県産のりんごを使ったりんごジャムです。 この青色、着色料ではなく、「アンチャンブルーティー」というタイのハーブティで色付けしているんでって。 着色料ではなく天然の素...

十和田のそべーぴ

↑美容院と見間違える外観(EOS_M6+SIGMA35mmF1.4DG_Art)十和田市のオシャレなラーメン屋さんへ行ってきました。「そべーぴ(SOBE-PI)」 (食べログ)■そべーぴとは?■美容院のような外観の木の扉を入ると、カフェのようなお洒落な店内。 店員さんは皆さんおそろいのユニホームに白いハンチング帽という装い。 ラーメン屋さんに全く見えないラーメン屋さんです。醤油系、塩系、味噌系、つけめんと色々な味を選べ、それを小麦香...

嶽きみソフト

↑ちょっと前の写真ですが、こんなロケーションです。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)これを食べずに冬を迎えられない。 ちょっと古い話になりますが岩木山山麓で嶽きみソフトを食べてきました。「野市里 レストランこざくら 嶽きみソフトクリーム」■嶽きみとは?■「嶽きみ」は、青森県弘前市の岩木山南山麓の嶽地区で栽培されるトウモロコシ(きみ)のことで、「嶽」地方で栽培されるトウモロコシ「きみ」で「嶽きみ(だけきみ)...

2020年12月はきな粉とチョコ

↑今月も美味しそうなの揃ってマス。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)今月の工藤パンの新商品・期間限定味は、きな粉と黒蜜、チョコにカレーと盛りだくさん!「工藤パン 2020年12月の新商品」→一年前(2019年)12月は「ひつじのショーンとのコラボ」のミルククリーム味が発売されました■青森県民のソウルフード■青森県民のソウルフード数あれど、ソウルパンと言えば「工藤パン(通称:クドパン)」ではないでしょうか。青森県む...

真っ赤なりんご史料館

↑素敵な雰囲気です。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)黒石市にある紅葉の名所(?)に行ってきました。「青森県産業技術センター りんご研究所」■りんご研究所とは?■正式には地方独立行政法人 青森県産業技術センター りんご研究所」というこの研究所、青森県のりんごなど果実に関する研究や史料の展示などを行っているそうです。新品種や病害虫の駆除研究などを行う世界唯一の施設なんですって。↑りんご史料館(EOS_5DMark4...

27_ラポールnoアポーパイ

↑おしゃれなお店です。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)弘前のアップルパイ食べ歩き、今回はケーキ屋さんのアップルパイ紹介です。「パティスリー ラポール」■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している「弘前アップルパイガイドマップ」にこの「ラポー...

やずやの煮干しラーメン

↑お店外観。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)青森県のラーメンの8割は煮干しベースのラーメンと言われています。 昨年(2019年)に弘前市に移転してきた人気の煮干しラーメンを食べてきました。「味匠 やずや」 (食べログ)■味匠 やずやとは?■「味匠 やずや」は、煮干しラーメンと台湾ラーメンのお店。昨年(2019年)5月まで青森市浪岡地区のイオンタウン浪岡(現:浪岡ビック)にあり、12月に現在の弘前市田園へ移転して...

十和田でボン・サーブのソフトを

↑オープン早々行ってきました。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)大分報告が遅くなってしまいましたが、先月十和田市にオープンした産直へ行ってきました。「JA十和田おいらせファーマーズ・マーケット かだぁ~れ」■かだ~れとは?■先月(2020年10月9日)、十和田市三本木にオープンした「かだぁ~れ」は、JA十和田おいらせ会員の朝どれ野菜をはじめ地元米、十和田湖牛や奥入瀬ガーリックポークなどの十和田市のご当地銘柄肉、...

ショ・ボーンのハンバーガー

↑おしゃれな店内。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)前回売り切れで食べれなかったハンバーガーを食べに行ってきました。「カフェショ・ボーン」(sho・buon) (Facebook)■ カフェショ・ボーンとは?■大きなバイクが店前に停まり、アメリカンな小物や雑貨が飾られたこのお店、外から見ると「バイク屋さん」って感じでちょっと入りづらいのですが、短角牛100%パテのハンバーガーやタコライス、カレーなどが食べられるカフェレスト...

日本一気難しいイチョウ

↑一日ですべて落葉してしまったそうです。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)青森県十和田市銀杏木(法量地区)にあるイチョウの巨木を観てきました。「法量のイチョウ」■日本第4位のイチョウの木■十和田市街から奥入瀬渓流に向かう国道102号線、人里離れた山中にある「法量のイチョウ」は、高さ約33m、幹周り約15m、推定樹齢約1100年の国の天然記念物に指定(1926年10月20日)されているイチョウの巨木です。イチョウの巨木として日...

牛乳瓶のいくら丼

↑陸奥湊駅前にある「イサバのカッチャ」が目印。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)いくら丼が食べたくて、陸奥湊駅前の市場食堂へ行ってきました。「八戸市営魚菜小売市場 朝めし処魚菜」 (食べログ)↑市場はこんな雰囲気(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)■八戸市民の台所■太平洋に面した青森県八戸市は港町。 港のそばには美味しい魚を食べられるお店、新鮮な魚介類を購入できるお店が沢山あります。今回食べに行った「...

青森アップルパイのキットカット

↑見つけた!@三沢空港(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)青森りんごを使ったアップルパイ味のキットカットが発売されましたヨ。「キットカット ミニ ラグノオささき パティシエのりんごスティック味」■キットカットとラグノオささきのコラボ■先日(2020年11月16日)に発売されたこの商品、キットカットを製造する「ネスレ日本」と青森県弘前市に本社のある「ラグノオささき」がコラボした「ご当地キットカット」です。青森県の...

のり屋さんのお蕎麦

↑お店の外観 一見お蕎麦屋さんだとわかりません。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)野辺地町にある海苔屋さんのお蕎麦を食べてきました。「そば屋さいとう」 ■お店の特徴■野辺地産のそば粉を主にした十割そばが自慢のお店、たまに作っていたお蕎麦が評判となり、お蕎麦屋さんに転向したそうです。旧店名は「斎藤のり屋」といい、お店に掲げている看板もその当時のものです。■メニュー■訪問した時のメニュー(抜粋)は以下。 ...

ナンみたいな煎餅の耳

↑これがそのせんべいのみみ(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)青森県のフルーツ王国南部町にある産直で売られている南部せんべいのみみにゾッコンです。「えんぶり (せんべいのみみ)」■南部せんべいのみみ■青森県のお土産屋さんでよく見かける「南部せんべい」は、小麦粉を水で練って、円形の型に入れたおせんべい。 旧八戸藩の非常食として考えられ、600年の歴史があるそうです。その南部せんべいの製作工程で出てくる「南...

奥入瀬渓流_晩秋2020

↑奥入瀬渓流の入り口@2020年11月1日(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)幸せなことに単身赴任が続き二年連続で青森県の紅葉を楽しむことが出来ました。大分遅れてしまいましたが、備忘録として11月初旬の風景を載せておきます。「奥入瀬渓流」↑雲井の滝@2020年11月15日(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)■奥入瀬渓流とは■火山の噴火でできた十和田湖が決壊して生まれた奥入瀬渓流は、苔生した岩、美しいブナやナラの木が生い茂る14....

弘前大勝軒の朝ラー

↑コンビニ居抜き店舗です。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)ラーメン大好き青森県民のたしなみは「朝ラー」とのことで、食べてきました。「弘前大勝軒」■朝ラーは青森県民のたしなみ■静岡県、福島県会津市など朝ごはんにラーメンを食べる「朝ラー文化」が根付いている地域がありますが、ここ青森県も朝ラー好きの人が多いそうです。 早朝からオープンしているお店も多く、街道沿いを走ると、すっきり系、濃厚系、味噌に煮干し...

35_マタニパンnoアポーパイ

↑パン屋さんのアップルパイ(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)老舗のパン屋さんのアップルパイを買ってきました。「マタニパン」■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している「弘前アップルパイガイドマップ」にこの「マタニパン」さんのアップルパイも紹介...

幻の田子牛を食べる

↑店舗の裏にレストランがあります。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)ひと仕事終わり、自分へのご褒美ということで美味しいお肉を食べてきました。「池田ファーム」↑ログハウス風の店舗です。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)■幻の黒毛和種 田子牛■青森県はにんにくの生産量が日本一!全国生産の7割(1万4千t)を生産しているそうです。田子町は生産地1位ではありませんが、品質の良いにんにくが収穫できるということでブラ...

にぎわい東北の工藤パン

↑イギリストーストに似てるけど違うパッケージ。(EOS_5DMark4+EF100mmF2.8L_Macro_IS)冬にまっしぐらですが、今、東北がアツイ!単身赴任先の青森県おいらせ町にある「イオンモール下田」で、イオン東北が地域限定発売しているご当地パンを見つけました。「もち食感サンド山形県産ラ・フランスジャム」 (工藤パン)■イオン東北とは?■2020年3月、マックスバリュ東北株式会社とイオンテール株式会社東北カンパニーの食品事業が...

大銀杏ライトアップ始まる

↑今年も大迫力だ!(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)青森県西津軽郡の深浦町にある日本一のイチョウの木のライトアップが始まったというので観に行ってきました。「北金ヶ沢の大銀杏」↑ライトアップ始まりました。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)■ビックイエロー■深浦町北金ヶ沢にあるこのイチョウ、国指定天然記念物に指定(2004年)されている日本最大のイチョウなんですヨ。木の幹回り22m高さおよそ31m(2004年調査)、...

八戸の台所の朝ごはん

↑手前に小売店、その奥に食堂があります。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)八戸市にあるJR陸奥湊駅前にある市場内の食堂で朝ごはんを食べてきました。「八戸市営魚菜小売市場 朝めし処魚菜」 (食べログ)■みなとまち八戸■青森県の南側(南部地方)に位置する青森県八戸市は青森県第2の都市(人口22.7万人(令和元年調査))で、港町です。朝市も盛んで、観光市場の八食センターをはじめ、毎週日曜日 舘鼻岸壁で行われる朝市...

32_フランス食堂noアポーパイ  

↑フランス料理屋さんのアップルパイです。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)フランス料理屋さんへアップルパイを買いに行ってきました。「フランス食堂シェ・モア」■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している「弘前アップルパイガイドマップ」にこの「フ...

青森県民手帳2021

↑今年も夫婦で使います。(EOS_M6+EF-M28mmF3.5_Macro_IS_STM)昨年(2020年)に続き、今年も青森県民手帳(限定版)をゲットできました!来年の手帳もこれで行きます。「青森県民手帳 2021」■青森県民手帳とは?■青森県統計協会が発行するこの手帳、1958年(昭和33年)から販売されている青森県の県民手帳です。2021年版で63冊目の発売となるそうです。通常の手帳機能に加え統計データ、観光情報などが記載されていて、ただの手帳...

ラーメン蔵 2020

↑ここの味噌カレー牛乳ラーメンはゴマが入るのが特徴。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)青森市民のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」 提供する5店舗、最後の紹介がこのお店です。「ラーメン 蔵」 (食べログ)■味噌バターカレー牛乳ラーメンとは?■名前のインパクトがハンパないこのラーメン、1968年当時、札幌味噌ラーメンを提供していた「味の札幌」というお店で誕生し、以後50年、青森市民が愛してやまないソウルフ...

田舎館のいちごパフェ

↑最後に行ってきたヨ。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)田舎館村で栽培されいている夏秋いちごを使ったパフェを食べてきました。「いちごカフェ」■田舎館の夏秋いちご■全国一のりんごの産地として知られる青森県では、青森りんごのほかにもさくらんぼやあんず、スチューベン、メロンなど沢山の果物が栽培されています。青森県内で一番小さな村、田舎館村ではいちご栽培が盛んに行われているんですヨ。ほとんどが冬春いちご(1...

31_ブランジェリーフーnoアポーパイ

↑オシャレなお店でイートインも出来ます。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)弘前城外濠の近くにあるパン屋さんでアップルパイを買ってきました。「ブランジェリーフー」(BOULANGERIE Four)■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している「弘前アップルパイ...

17年振りのジカジカ味

↑パッケージもゴージャスです。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)17年振りに復活したという八戸のガラナを飲んでみました。ガラナスパークリング■八戸の氷屋さんのタンサン■そんな青森県の地サイダーのひとつ「三島シトロン」を作るのは八戸港近くのある「八戸製氷冷蔵株式会社」という会社。 水揚げされた海産物を冷やすための氷などを作っている創業1921年(大正10年)の超老舗の製氷会社なのですが、サイダーも作っていて人...

一藤の濃口煮干しラーメン

↑暖簾(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森市青柳にあるお店で濃い煮干しラーメンを食べてきました。「中華そば 一藤」 (いちふじ)■お店の特徴■2015年にオープンしたこのお店、濃い煮干しラーメンが食べられるお店として有名なラーメン屋さんです。  煮干しラーメンが人気なのですが、味噌や二郎系が食べられるというちょっと変わったお店なんですヨ。どこか城下町にあるような白い壁に黒い屋根という外観、店内は広く開放的...

秘密の展望台の紅葉

↑旧敢湖台に向かう旧103号線は目が痛くなるほどの紅葉。(EOS_5DMark4+EF24-70mmF2.8L)青森県と秋田県にまたがる十和田湖にあるお気に入りの場所へ行ってきました。「十和田湖 旧敢湖台」(かんこだい)  <敢湖台>↑惜しい、太陽が出ていれば。。。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■十和田湖とは?■周囲長46km、面積では12位、深さは第3位のカルデラ湖です。十和田湖八幡平国立公園に指定されている十和田湖は、湖畔に人工物も...

2020年11月は大人の香り

↑今月は大人の香りとコク。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)今月の工藤パンの新商品・期間限定味は、大人の香りとコクとRABコラボそして復刻版。「工藤パン 2020年11月の新商品」→一年前(2019年)11月は焼りんご味が発売されました■青森県民のソウルフード■青森県民のソウルフード数あれど、ソウルパンと言えば「工藤パン(通称:クドパン)」ではないでしょうか。青森県むつ市に1932年創業した青森県のご当地製パン工場です...

道の駅の十和田そば

↑道の駅の中にあります。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)青森県十和田市にある「道の駅とわだ」のお蕎麦を食べてきました。「道の駅とわだぴあ 十和田そば」 ■道の駅とわだぴあ■十和田市と五戸町の境近くにあるこの道の駅、道の駅の基本機能の観光案内所・レストラン・無料休憩所・特産物・農産物の販売のほか南部裂織保存会やテレトラック十和田などが集まる大きな施設です。道の駅とわだぴあの中には「レストラン四季」「...

ゴロっとりんごパン

↑パッケージも高校生が考えたんですって。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)三農とローソンがコラボしたパンが発売されました。「三農ゴロっとりんごパン」■地元高校生とのコラボ■今年10月31日に発売されたこの商品、青森県十和田市の三本木農業高校とコンビニエンスローソンがコラボした、青森県産りんごを使用した菓子パンです。全粒入りの生地に大きめにカットした青森県産のりんご「ふじ」と青森県産のりんごシロップ漬けジ...

New_万八ラーメン下北店

↑お店の外観(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)すっかりクセになった大湊海自カレー、今回は新たに提供が開始されたむつ市にあるラーメン屋さんでカレーを食べてきました。「万八ラーメン下北店 」■大湊海自カレーとは?■一昨年(2018年)6月10日にむつ市の新たなご当地グルメとして誕生した「大湊海自カレー」実際に基地に所属する部隊の味を忠実に再現して、むつ市内6店舗で提供されています。当初は10店舗の提供でしたが、所属艦...

弘前城 光の桜紅葉

↑石垣にも映像が。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)新型コロナウィルスのクラスター発生前に弘前城で行われているプロジェクションマッピングを見に行ってきました。「弘前城×ネイキッド 光の桜紅葉」 (さくらもみじ)↑会場はこんな感じ。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■弘前城でプロジェクションマッピング■「弘前城×ネイキッド 光の桜紅葉」は、東京都の映像・空間演出の制作で世界的にも有名な株式会社ネイキッドが手掛...

29_ピーターパンnoアポーパイ

↑アップルパイ発見!(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)お店はひょうたんがいっぱい。(笑) でも、美味しいケーキ屋さんです。「ピーターパン洋菓子店」 (アドベンチャー ピーター・パン) (食べログ)■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している「...

煮干ラーメン田むら

↑お店外観(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)青森市花園にある「鬼」煮干しラーメンが有名なお店に行ってきました。「中華そば 田むら」 (食べログ)■お店の特徴■青森県のラーメンの8割は煮干しベースと言われています。 そんな青森の煮干しラーメンの魅力を伝えていこうと2012年に発足された「津軽ラーメン煮干し会」 現在8店舗が参加し、全国に青森煮干しラーメンをPRしています。 この「中華そば 田むら」 さんはその会...

十和田でジンギスカン三昧

↑またまた来ちゃった。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)十和田市にある羊肉の美味しいお店へジンギスカンを食べに行ってきました。「ラム肉専門店 ラム善」■ラム善とは?■十和田市の外れ相坂長漕というところにあるこのお店、住宅街の外れの高台にあり、眼下の田園風景を観ながら食事ができるレストランです。お肉屋さんで働いていた北海道十勝のオーナーが営む精肉店に併設される形で営業されていて、青森県産の羊をはじめ、...

ニンニク味のコーラ

↑トンでるポスター(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)にんにくの産地、青森県田子町で売られているニンニク味のコーラを飲んでみました。「ジャッツ タッコーラ」  (JATS! TACCOLA)■にんにくの産地 田子町■青森県の南端、岩手県・秋田県の県境にある「田子町(たっこまち)」は人口5,000人ほどが住む町。八戸市中心地から車で1時間ほど離れた山間のしずかな町なのですが、にんにくの生産地として全国的に知られていいます。青...

紅葉の中の城ヶ倉大橋

↑こんな道を進んでいきます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)晩秋の城ヶ倉大橋を真横から観てきました。「城ヶ倉大橋」■城ヶ倉大橋とは?■八甲田酸ヶ湯温泉から黒石市へ抜ける国道394号線に掛かる「城ヶ倉大橋」は、1995年10月に開通した城ヶ倉渓谷をまたぐ大きな橋です。 全長360m、支間長が255mあり上路式アーチ橋としては日本一なんですヨ! ■紅葉時期は絶景■十和田八幡平国立公園の中にある城ヶ倉渓谷は四季を通じて素晴ら...

28_Neue no アポーパイ

↑やっと来れた!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)アップルパイを取り扱うお店が40種以上紹介されている弘前アップルパイガイドマップの中で個人的に一番難易度の高いお店でした。「パン焼き工房 Neue」(ノイエ)■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している...

07. 下北名産センターnoカレー

↑下北半島を代表するお土産屋さんです。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)すっかりクセになった大湊海自カレー、今回は下北名産センター内にある食堂で食べてきました。「下北名産センター大食堂 」■大湊海自カレーとは?■一昨年(2018年)6月10日にむつ市の新たなご当地グルメとして誕生した「大湊海自カレー」実際に基地に所属する部隊の味を忠実に再現して、むつ市内6店舗で提供されています。当初は10店舗の提供でしたが、所属...

サンライズの煮干し

↑店内風景。閉店直前なのでお客さんほとんどおらず。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森市浪岡にある老舗のラーメン屋さんの煮干しラーメンを食べてきました。「マルミ・サンライズ食堂」 (津軽ラーメン 煮干し会)■お店の特徴■青森の煮干しラーメンの魅力を全国に伝えることを目的に青森県の8店舗が集まり発足した「津軽ラーメン煮干し会(2012年)」 この「マルミ・サンライズ食堂」さんも参加しています。 お店は立派な「...

26_パティスリー山崎noアポーパイ

↑オンリーワンですヨ。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)貴重なりんごを使ったアップルパイを買ってきました。「パティスリー山崎」■アップルパイの街、ひろさき■全国一位のりんごの産地、弘前市。その美味しい青森りんごを使った美味しいアップルパイも有名で、市内40店舗以上で提供されています。 提供店を紹介した弘前市の観光協会が製作している「弘前アップルパイガイドマップ」にこの「パティスリー山崎」さんのアップル...

城ヶ倉大橋紅葉2020

↑2週間でだいぶ色づきました。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)紅葉は始まると一気に進みますよね。 一週間経つと、同じ場所とは思えないくらい景色が変わります。 天候不順などもあって約二週間ぶりに観に行った城ヶ倉大橋からの紅葉が見頃を迎えていました。「城ヶ倉大橋」■城ヶ倉大橋とは?■八甲田酸ヶ湯温泉から黒石市へ抜ける国道394号線に掛かるこの橋は、1995年10月に開通した城ヶ倉渓谷をまたぐ大きな橋です。 全長360m...

兄弟同士の北野ドライブイン

↑店内風景(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)先日紹介した「ドライブイン十和田」の隣にあるドライブインへ行ってきました。「北野ドライブイン」 <食べログ>■青森県はドライブインが熱い!■青森県はファストフードやファミレスは少ないのですが、他県に比べてドラインが多いんです。 現在でも青森県には国道沿いで営業されているドライブインが30店舗以上もあるんですって。→ドライブインが大好き福島県二本松にある「二本松ド...

地獄沼2020秋

↑今がまさに見頃!(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)10月18日時点、酸ヶ湯温泉及び近くの地獄沼の紅葉が見頃でした。「地獄沼」■地獄沼とは?■アメダスが設置されているスポットで日本一雪が積もる酸ヶ湯温泉の近くにあるこの地獄沼は、火口跡に湧き出ている温泉水が流れ込み出来た自然の沼です。 源泉温度は98度、寒い場所なのに沼面にはいつも湯気が立ちあがっていて、周辺の噴気口からは有毒ガスが噴き出し、硫黄の香りが立...

源たれゴールドなカップ麺

↑容器も大きい! (EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)青森県民のソウルフード「スタミナ源たれ」と「明星チャルメラ」がコラボした商品が今年も発売されました。「明星 スタミナ源たれゴールド使用 ガツンとにんにくスタミナラーメン」■スタミナ源たれとは?■青森県民の冷蔵庫には必ず一本入っているといわれる スタミナ源たれ (通称: 源たれ )は 上北農産加工農業協同組合 (KNK)が1965年から製造する焼肉のタレです。青森...

青い森の滝行の滝

↑こんな道を進んでいきます。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)青森市の山奥にある滝行のできる神秘的な滝があるというので行ってきました。「御鈴大滝」 (みすずたき)↑到着。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)■御鈴大滝とは?■「御鈴大滝」は、青森県青森市を流れる入内川に懸かる滝、メディアや観光雑誌などでは取り上げられることが少なく、超・マイナーな滝です。青森市内ですが辺境にあるため、青森県民の方でもあまりその存...
11 | 2020/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -