スポンサーリンク

立佞武多の館 - 青い森BLOG
FC2ブログ

立佞武多の館


↑右下は地上3階から観るお客さん。大迫力です。 (EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ

幸せなことに立佞武多(たちねぷた)も観に行くことができました。
エルム近くでこの看板を観つつ、五所川原市内へ移動。 少し早く着いたので、こちらへ
行ってみました。

立佞武多の館

■展示場であり、制作・保管場所■
立佞武多は3基あり、一年ごとに一基制作されて3年間使用されます。
20m以上もある超巨大なものですから、制作・保管が大変ですよね。

2004年(平成16年)に竣工・開館したこの施設は、そんな問題を解決すべく開館しました。
凄いのはこの施設は保管だけではなく、立佞武多を常時展示して、見学できるようにして
しまったというところ。

さらにお祭りの時にはここから出陣する迫力の姿が見られるんですヨ。 よく考えたなぁ。。。

■入館料を払う価値あり■
というわけで、通年立佞武多を観ることのできるこの施設は有料で入館料が600円しますが、
建屋の中に入れることでお祭りに使用する巨大な立佞武多を地上4階に上がって真横から
じっくりと見学することが出来ちゃうんです。

また、立佞武多に関する資料や展示、紹介ビデオやお囃子の実演など、お祭りを楽しめる
イベントも多く、入館の価値アリだと思います。
私、7,8回くらい入っているくらいお気に入り。(笑)

さぁ、気分も盛り上げたし、立佞武多まつりを観ますか!

5D4_74588_1808.jpg
↑デザインが素敵なんです。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ

5D4_7455_1808.jpg
↑小さな金魚ねぶたも展示。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ

5D4_7450_1808.jpg
↑この迫力は間近で観ないと分からないですね。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ

5D4_7500_1808.jpg
↑立佞武多の館から出陣する姿。 (EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ

【メモ】 2018年8月現在
立佞武多の館
住所:青森県五所川原市大町506-10
電話番号:0173-38-3232
開館時間:9:00~19:00(4月~9月)
料金:大人600円 高校生450円 小中学生250円
駐車場:施設利用で2時間無料

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

金魚いいなあ。

Blue

かなり強引なスケジュールでしたが、大好きな施設にも行けました。
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -