スポンサーリンク

春を呼ぶ摺り2020_3 - 青い森BLOG
FC2ブログ

春を呼ぶ摺り2020_3


↑かがり火が素敵。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

今年は平日開催だった八戸えんぶり。 仕事で青森に来ているため当然ですが休むことも
できず、日中の行事は諦めて夜のイベント「お庭えんぶり」のみ観に行きました。

お庭えんぶり

5D4_3167_2002_PS19.jpg
↑ながえんぶりはゆったりとした動きが特徴。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

■ お庭えんぶり の 会場 ■
お庭えんぶりの行われる会場は明治30年頃に建築されたという「更上閣」
呉服商・銀行業で東北を代表する財閥となった泉山家の邸宅として、明治30年頃に建設され
た純和風建築の建物です。その雰囲気ある庭園にかがり火を炊いて、えんぶり組を招き入れ、
観客は邸宅の縁側や座敷に腰掛け、それを鑑賞します。


↑こんな感じの席になっています。(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

■お庭えんぶり は 予約制■
お庭えんぶりの鑑賞券は当日ではなく、事前予約で購入します。  かつては、VISITはちのへ
及び市内プレイガイド等での窓口販売・電話受付を行っておりましたが、ローソンチケットのみ
での予約となりました。

今年(2020年)は、約一か月前の1月14日に販売開始し、約2週間前の2月5日から2次販売が
開始されました。

5D4_32055_2002_PS19.jpg
↑祝福芸の一つ、大黒舞。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

5D4_32255_2002_PS19.jpg
↑えびす舞が好き。(EOS_5DMark4+EF70-200mmF2.8L_ISⅡ)

■2月17日(月)後半のえんぶり組■
初日2月17日の20時の回のさいごの組は「階上町 平内えんぶり組 <ながえんぶり>」でした。
唄やしぐさがゆったりしている「ながえんぶり」この平内えんぶり組は古くから伝わったえんぶりを
そのまま継続しているそうで、唄や踊り笛の調子などが緩やかなのが印象的でした。また、祝福
芸の一つが金輪切という演目で面白かったです。

2006年に観た祝福芸に感動!


【メモ】 2020年
八戸えんぶり
期間:2020年2月17日(月)~2月20日(木)
時間:7:00 (奉納摺り)
場所:八戸市中心街一体

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

02 | 2020/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -