スポンサーリンク

暗門の滝へ行ってみよう2/3 - 青い森BLOG
FC2ブログ

暗門の滝へ行ってみよう2/3

5D4_6942_2005_PS19.jpg
↑歩き始めて一時間、第3の滝が見えた!(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

「アクアビレッジANMON」に車を停めて、トイレを済ませたら出発です。

暗門渓谷ルート

5D4_7028_2005_PS19.jpg
↑これが第3の滝(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

■3つの滝がある■
暗門川、暗門渓谷にある暗門の滝は3つの滝の総称で、暗門川の上流部にある第1の滝から
第3の滝まで400mほどの間に3つの滝が並んでいます。
スタート地点の「アクアビレッジANMON」から2.3kmほどで「第3の滝」へ。さらにその250mくらい
進んだ奥地に「第2の滝」が、さらにその奥地300m先に「第1の滝」がります。それぞれの滝の
スケールは以下。 いづれもなかなかのスケールです。

第1の滝:落差42m
第2の滝:落差37m
第3の滝:落差26m

5D4_7033_2005_PS19.jpg
↑ここでちょっと休憩。 飲み物はやっぱり「い・ろ・は・す りんご」(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

青森県産のりんごを使った「い・ろ・は・す りんご」

■暗門川沿いをトレッキング■
「アクアビレッジANMON」を出てしばらくすると「協力金受付所」が見えてきます。ここで、通行
届を提出して、ブナ林からの湧き水を飲んで、トレッキングスタートです。ここで危険防止のた
めヘルメットの貸し出し(有料100円)を行っていますので、必要に応じて利用ください。

暗門川沿いをトレッキングする「暗門渓谷ルート」は「第3の滝」までは大部分が整地され、
足場の悪い岩場などはコンクリートで簡易的ではありますが整備されているので歩きやすかっ
たです。  ただ、ところどころ狭いところや足場板で川を渡ったり、手を使わないと上り下りで
きない場所などもありました。

5D4_7018_2005_PS19.jpg
↑第3の滝の真上(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

■ANMONから第3の滝そして第2の滝へ■
歩き始めてしばらくすると、白神山地の自然を感じられる景観に変わってきます。
切り立った岩壁、美しいブナの林、緑深い森、残雪。。。それらを見ながら歩いていると、あっ
という間に「第3の滝」に到着しちゃいました。

「第3の滝」から「第2の滝」までは更に険しい散策道を進むのですが、より自然が濃くなって、
ニヤニヤしながら登っていきました。

5D4_6970_2005_PS19.jpg
↑これが第2の滝(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

■第2の滝から第1の滝は通行不可■
ただ、私が行った時には「第2の滝」までのルートは「通行可能」だったのですが、「第1の滝」へ
向かう道は通行不可でした。 厳密には通行不可ではなく「整備をしていない」とのこと。

現在は歩道としての整備はされておらず、川中を歩いたり、泳いだり、岩場を上り下りしたりの
上級者向けの登山ルートとなっていて、一般の人はもちろん登山の経験が少ない人、単独の
通行は控えるように案内されていました。

5D4_7001_2005_PS19.jpg
↑第1の滝へのルートは閉鎖中。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

■まとめ■
もともと「アクアビレッジANMON」は山間の静かな場所なのですが、この「暗門渓谷ルート」を
歩くと、ずっと山の奥へ入ってきたような、文明から遠く遠く離れたような気分になります。 
聞こえるのは滝の音と鳥のさえずりだけ。。。すごいなぁ、白神山地!

5D4_6977_2005_PS19.jpg
↑落差37mの第2の滝(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

【メモ】
アクアグリーンビレッジ ANMON
住所:青森県西目屋村川原平字大川添417
電話番号:0172-85-3021
レストラン営業時間:11:00~15:00
お休み:11月10日~4月下旬
駐車場:無料沢山

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

08 | 2020/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -