スポンサーリンク

峠の茶屋の草だんご - 青い森BLOG
FC2ブログ

峠の茶屋の草だんご

5D4_9115_2009_PS19.jpg
↑お店外観(EOS_5DMark4+EF16-35mmF2.8LⅡ)

お蕎麦が有名な峠の茶屋の名物草だんごを買ってきました。

峠の茶屋

■峠の茶屋とは?■
青森市内から弘前方面へ向かう国道7号線の大釈迦峠付近にあるこのお店、古民家風の外観が
素敵なお蕎麦屋さんです。 本来はお蕎麦屋さんなのですが、お土産に出していた「草だんご」が
有名で、これだけを買い求めにくるお客さんも多いんだそうです。

お蕎麦屋さんの開店前に8時半から「草だんご」の販売が始まるとのことで駐車場で待っていたら
開店前に店内に招き入れてくださり、作業風景をmセてくださいました。 古民家風の雰囲気の良
い店内のカウンターをのぞくとおばちゃん、いや、お姉さまが二人、黙々と草だんごを作られていま
したヨ。 完全手造りで、出来立てを販売しているんですね。

5D4_9116_2009_PS19.jpg
↑いっぱいあった!(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

■メニュー■
本来はお蕎麦屋さんなのでお蕎麦のメニューを載せるべきでしょうが、今回の訪問目的は「峠の草
だんご」なので、これだけの紹介です。次回はお蕎麦を食べにって紹介しますね。

・峠の草だんご:650円

5D4_9120_2009_PS19.jpg
↑念願叶って買えました。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

■食べたもの■
買ってきた「峠の草だんご」
粒あんをヨモギ入りのもち米で包んできな粉をまぶしたお団子が6個、パックに入っています。
贅沢にも出来立てをパクリ! ビローンと皮が伸びる感じではなく、どちらかというと歯切れのよい
サクッとした食感(表現正しい?)です。 独特ですが、美味しい!

5D4_9127_2009_PS19.jpg
↑出来立てです。(EOS_5DMark4+SIGMA35mmF1.4DG_Art)

■お店のある場所■
お店があるのは、青森市内から弘前方面へ向かう国道7号線の大釈迦峠付近の山の中。かつて
は旧道の峠道にあったそうですが、2004年にこの国道7号線のパイパスへ移転してきたようです。

■まとめ■
出来立ての草だんご、大変美味しゅうございました。
賞味期限は一日ですので、購入の際はご注意ください。

IMG_2332_2009_PS19.jpg
↑出来立てウマイ!(EOS_M6+EF-M28mmF3.5_Macro_IS_STM)

【メモ】 2020年10月現在
小巾亭
住所:青森県青森市浪岡大字大釈迦沢田50−1
電話番号:0172-62-4215
営業時間:9:00~売り切れまで(お食事は11:00~18:00)
お休み:水曜日
駐車場:店横無料多数
オープン:2004年移転
*メニュー・価格・サービス等は変更されている可能性がありますので、注文前にご自身でご確認願います。

峠の茶屋そば(蕎麦) / 大釈迦駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

No title

へ~~~!!!
いつも前を通りますが、こんなの売ってるなんて全く知らず。
色々あるもんですね。。。。

次回通った時には寄ってみます。

1207Blue

お蕎麦屋さんなのにお団子が名物というのは面白いですよね。
かつてはホントに峠の茶屋だったとのこと。次回はお蕎麦も食べに行ってみようと思います。
06 | 2021/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31