スポンサーリンク

金魚ねぷた列車 - 青い森BLOG
fc2ブログ

金魚ねぷた列車

1207Blue__6227257_orig.jpg
↑弘南鉄道大鰐線 大鰐駅( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

なんとか間に合って良かった。 青森のゆく夏を惜しむとってもロマンチックな列車に乗って
きました。

金魚ねぷた列車

■金魚ねぷた列車とは?■
「 金魚ねぷた列車 」とは「 弘南鉄道大鰐線 」が運行する車内に金魚ねぷたを吊るし、
運行する季節列車です。 津軽地方の夏の風物詩として昨年(2021年)から始まったもので、
今年も8月から9月末までの日程で運行しています。

「 弘南鉄道大鰐線 」は今年(2022年)9月7日で開業95周年を迎えるということで、週末の
乗車料金が100円となったり、それに合わせて車内の照明を消して金魚ねぷたの灯りだけで
運行しているということが話題となり、メディアなどでも大きく紹介されました。

1207Blue__6227233_orig.jpg
↑弘南鉄道大鰐線は「りんご畑列車」って呼ばれているんですって。 ( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

■ 運行期間 ■
この「 金魚ねぷた列車 」の運行は 2022年9月1日(木)から9月30日(金)まで。
平日は通常通りなのですが土日祝日(9月17日・18日・19日・23日)・24日・25日)は車内
照明を消して金魚ねぷたの明かりだけで、運行しているそうです。

1207Blue__6227269_orig.jpg
↑金魚ねぷた列車が入ってきました。( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

■ 運行時間 ■
「 金魚ねぷた列車 」の運行は朝から終電まで。 すべての列車が金魚ねぷた列車ではない
ので注意が必要です。 「 金魚ねぶた列車 」の詳細な発着時間、他の駅の時刻表は以下
リンクを参考してください。

1207Blue__6227305_orig.jpg
↑金魚ねぷたの灯りだけで運行します。( EOS_R6 + EF35mmF2_IS )

中央弘前駅発 :6:50 ・ 7:43 ・ 8:00 ・ 8:30 ・ 以後毎時30分 21:30まで
大鰐駅発 : 6:50 ・ 7:20 ・ 7:45 ・ 8:25 ・ 9:30 ・ 以後毎時30分 21:30まで

金魚ねぷた列車の時刻表

■ 週末なら100円 ■
今回ちょっと驚きだったのが、乗車料金が片道( 大鰐駅-中央弘前駅 )100円で済んだこと。

「 弘南鉄道大鰐線 」では2022年7月26日から11月27日までの土曜日・日曜日・祝日限定の
乗車運賃をどこからどこまで乗っても大人100円とする「 大鰐線土日祝100円電車 」という
キャンペーンを実施中なんです。

通常だと 大鰐駅-中央弘前駅 まで利用すると片道4400円かかりますので、大分、いや、相当
お得です。

1207Blue__6227317_orig.jpg
↑幻想的。。。( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

大鰐線土日祝100円電車

■ さらに駐車料金も無料 ■
そして更に驚愕だったのが駐車場料金が無料だったということ。「 弘南鉄道パーク&ライド 」
という指定駐車場3時間無料サービス&沿線無料駐車場開放というサービスも行われていて
無料で車が停められます。 凄すぎる。

1207Blue__6227441_orig.jpg
↑金魚ねぷたがいっぱい。( EOS_R6 + RF50mmF1.8STM )

弘南鉄道パーク&ライド

■感想■
写真を見てただければ雰囲気伝わりますでしょうか? 
「 金魚ねぷた列車 」想像以上に素晴らしかったです。 到着時間を見誤って日没後の乗車と
なってしまいましたが、幽玄な雰囲気の電車に揺られて30分、それはそれは夢のようなひと時
でした。 青森らしい、情緒を堪能させていただきました。   

1207Blue__6227347_orig.jpg
↑ゆっくりと電車は進みます。( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

■注意点■
注意点としてひとつ。
中央弘前駅 ( 弘前市 )と大鰐駅(大鰐町)を走る「弘南鉄道(大鰐線)」、私の乗車した「大鰐駅」は
「大鰐温泉駅(JR奥羽線)」と同敷地にあります。 
私、金魚ねぷた列車の運行のことを聞こうとJR奥羽線の「大鰐温泉駅」の駅員さんに尋ねて
しまいました。(冷汗)

地元の方であればこんな間違えはないかと思いますが、青森県に疎い方はお間違えの無いように。

1207Blue__6227544_orig.jpg
↑ハート発見!( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

■ まとめ ■
ローカル線の情緒はもちろん、ロマンチックな雰囲気も楽しめて想像以上でした。 
金魚ねぷたの灯りだけで運行するなんて首都圏では絶対あり得ないですよね。 揺れる
金魚ねぷたと、ディーゼル音が響くうす暗い車内、ノスタルジーでとっても素敵でした。

運行は9月末まで。 金魚ねぷたの灯りで運行されるのは今度の週末までとなりますので、
興味ある方は是非遊びに行ってみてください。

1207Blue__6227617_orig.jpg
↑もう素敵すぎて( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

弘南鉄道弘南線では千と千尋な世界が観られます

【メモ】 2022年9月現在
金魚ねぷた列車
住所:大鰐駅 青森県南津軽郡大鰐町大鰐前田
電話番号:0172-48-2129 (中央弘前駅:0172-32-6449)
営業時間:
料金:(大人)
所要時間 : 約30分
運転間隔 : 1時間
お休み:未確認
駐車場:無料多数 

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

No title

きれいですね👏

1207Blue

幻想的でとっても素敵でした。金魚ねぷたの灯りだけで運行するなんて。。感動しました。
11 | 2022/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31