スポンサーリンク

青い森のせり鍋2 - 青い森BLOG
fc2ブログ

青い森のせり鍋2

_6228889_Instagram-s.jpg
↑レストランの入口。 いつ行っても人気です。( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

昨年末(2022年) 恒例の冬の風物詩、岩木山麓で栽培されているセリを使った鍋の提供が
始まったというので、食べてきました。

レストラン こざくら (農産物直売所 ANEKKO) 

■ 一町田のせり ■
岩木山麓にある 一町田 ( いっちょうだ )地区では冬でも凍らない良質な湧き水を使って
400年前から「 せり 」を栽培しているそうです。
この「 一町田のせり 」  高品質で美味しいと評判なのですが栽培量が少なく、青森県内
でもその存在を知る人は少ない幻の冬野菜なんだそうです。

■ 一町田のせり料理が食べられます ■
そんな希少で貴重な「一町田のせり」、例年12月から2月頃までが旬となっていて近くの
「農産物直売所 ANEKKO」で購入することが可能(入荷状況は要確認)なんです。

また、併設するレストラン「 こざくら 」ではその「 一町田のせり 」を使った「 せり鍋 」を
食べることができるんですヨ。  

■メニュー■
「 レストラン こざくら 」は 産直ANEKKO の施設内にあるため新鮮な野菜を使ったメニューを
中心に定番のラーメンやご飯ものなどメニューが豊富なのが特徴です。
食べに行った当日のメニュー(抜粋)はこんな感じでした。

_6228886_Instagram-s.jpg
↑今回のお目当てはこれ!( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

・ こざくら御膳 : 1,450円
・ 野菜畑ランチ : 1,000円
・ こざくらセット : 900円
・ 嶽きみみそラーメン : 1,050円
・ 嶽きみ天ぷら : 500円
・ りんごカレー : 800円
・ 鍋焼きうどん : 1,180円
・ ソースカツ丼: 800円
・ハンバーグ定食 : 1,280円
・ 一町田のせり鍋定食 : 1,380円
・ けの汁 : 500円  
・ りんごサイダー : 400円
・ 嶽きみパフェ: 880円
・ 嶽きみソフト : 350円

■食べたもの■
今回の目的は「 せり」だったので迷わず「 せり鍋定食 」を注文!
(昨シーズン1,200円→今シーズン1,380円)

_6228898_Instagram-s.jpg
↑きたきたぁ( EOS_R6 + RF50mmF1.8STM )

醤油ベースのスープに マイタケ , 鶏肉 , ネギ , 豆腐 , お麩 などが入った鍋に 一町田のせり を
あと入れして食べるスタイル。 一町田のせりを一束(100g)どっさり使っているので、食べ応えがあり
ました。

昨シーズンはそのまま食べたのですが、今回はおススメという〆雑炊でいただきました。
これが超絶に美味しかった! せりの美味しいエキスをたっぷり吸った雑炊、さいこうでした。

_6228909_Instagram-2-s.jpg
↑根っこが美味しいんです。( EOS_R6 + RF50mmF1.8STM )

昨シーズン(2021年)の「一町田のせり定食」根っコがうまい

■まとめ■
一度食べたらクセになること間違いなし!
この「 一町田のせり鍋 」昨年(2021年)12月1日から提供が始まり、1月下旬ごろまで食べる
ことができるそうです。 食べてみたい方、行かれる前に電話で入荷・提供状況を確認した
うえで、食べに行ってみてください。

_6228939_Instagram-s.jpg
↑もう、さいこう!( EOS_R6 + RF50mmF1.8STM )

青森県三沢市の「いろり」でせり鍋をたべる

【メモ】 2022年12月
農産物直売所 ANEKKO レストラン こざくら
住所:青森県弘前市大字宮地字川添77-4
電話番号: 0172-82-1055
営業時間:夏期(4~9月) 8:30~17:00 冬期(10~3月) 9:00~17:00
お休み: なし
駐車場:無料多数

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

02 | 2024/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -