スポンサーリンク

令和6年八戸えんぶり開催 - 青い森BLOG
fc2ブログ

令和6年八戸えんぶり開催

_6221343_Instagram2402.jpg
↑ 奉納 @ 長者山新羅神社 ( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

青森県青森県八戸地方に春を呼ぶ豊年祈願の郷土芸能「 八戸えんぶり 」
3年ぶりに開催された昨年(2023年)に続き、今年(2024年)も2月17日より20日まで開催されます。

令和6年八戸えんぶり

■ みちのく五大雪まつり とは?■
みちのく五大雪まつり 」とは、北東北の冬を代表する5つの雪を楽しむイベントのことで、
秋田県横手市 の「 かまくら ( 横手の雪まつり )」 青森県弘前市 の「 弘前城雪燈籠まつり 」
岩手県雫石町 の「 いわて雪まつり 」 秋田県男鹿市 の「 なまはげ柴灯まつり 」、そして
青森県八戸市 の「 八戸えんぶり 」を指して読んでいます。

_6221760_Instagram2402.jpg
↑行列待機 @ 長者まつりんぐ広場 ( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

「かまくら ( 横手の雪まつり )」( 秋田県横手市 )
「 弘前城雪燈籠まつり 」( 青森県弘前市 )
「 いわて雪まつり 」( 岩手県雫石町 )
「 なまはげ柴灯まつり 」 ( 秋田県男鹿市 )
「 八戸えんぶり 」 ( 青森県八戸市 )

■ 八戸えんぶり とは?■
その一つ、 八戸えんぶり は1979年(昭和54年)に 国の重要無形民俗文化財 に指定された
約800年続く青森県の八戸市及び周辺地方に伝わる 豊作を願う郷土芸能 です。
冬の間眠っている田の神をゆさぶり起こし、田に魂を込める儀式が起源といわれ、一年で一番
寒いこの時期(毎年2月17日から20日の4日間)に行われています。

八戸市には各地域に えんぶり組 があり、昨年(2023年)は31組と子供えんぶり7団体が参加した
そうです。

_6221944_Instagram-22402.jpg
↑えんぶり行列 @ 長者まつりんぐ広場 ~ 八戸市中心街 (観覧無料)( EOS_R6 + EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ )

<昨年(2023年)の様子>
2月17日(初日)
(01) 奉納 : 長者山新羅神社 (観覧無料)
(02) 行列待機 : 長者まつりんぐ広場 (観覧無料)
(03) えんぶり行列 : 長者まつりんぐ広場 ~ 八戸市中心街 (観覧無料)
(04) 一斉摺り : 八戸市中心街 (観覧無料)
(05) 参拝 : 行列終了後 三八城神社 (観覧無料)
(06) 御前えんぶり : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)
(07) えんぶり公演 : 八戸市公会堂 (観覧有料)
(08) マチニワえんぶり公演 : マチニワ (観覧無料)
(09) お庭えんぶり : 更上閣 (観覧有料)
(10) かがり火えんぶり : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)

_6222152_Instagram2402.jpg
↑一斉摺り @ 八戸市中心街( EOS_R6 + EF100-400mmF4.5-5.6LISⅡ )

■今年は週末含んだ最高の日程■
八戸えんぶりは、曜日に関係なく毎年2月17日から20日の4日間行われます。
平日のみになってしまう年もありますが、今年は2月17日(土)から20日(火)と昨年と同様に
土日を含む最高の日程となりました。

初日の2月17日は 児童や生徒が えんぶり に参加・鑑賞しやすくし、郷土への誇りや愛着を育む
ことを目的に「 えんぶりの日 」と制定(2018年)されていて八戸市内の公立小中は休みなんだそう
です。今年は18日が土曜日となるので親御さんも含めて更に盛り上がりそうですね。

■ どこで観られる? ■
「 八戸えんぶり 」 期間中は各組が個人宅や商店、施設などを廻る 門付け を行っているため
市内各所で観ることができるのですが、八戸市市庁前や市民公会堂など、決まった場所での
行事としての披露も行われます。 

この行事に参加する組は予め決まっており、日によって出演組が変わります。
出演情報などは配布される冊子やHPで確認ができるようになっています。

20230219-_62234682402.jpg
↑かがり火えんぶり @ 八戸市庁本館前市民広場 ( EOS_R6 + RF14-35mmF4L_IS )

■ 八戸えんぶり 主な行事 ■
「 八戸えんぶり 」今年の行事と開催場所は以下。
新しい試みもあるようですが例年ほぼ変わりない内容で実施されているようです。

2月17日(初日)
(01) 奉納 : 長者山新羅神社 (観覧無料)
(02) 行列待機 : 長者まつりんぐ広場 (観覧無料)
(03) えんぶり行列 : 長者まつりんぐ広場 ~ 八戸市中心街 (観覧無料)
(04) 一斉摺り : 八戸市中心街 (観覧無料)
(05) 参拝 : 行列終了後 三八城神社 (観覧無料)
(06) 御前えんぶり : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)
(07) えんぶり公演 : 八戸市公会堂 (観覧有料)
(08) マチニワえんぶり公演 : マチニワ (観覧無料)
(09) お庭えんぶり : 更上閣 (観覧有料)
(10) かがり火えんぶり : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)

2月18日
(08) マチニワえんぶり公演 : マチニワ (観覧無料)
(11) 史跡根城えんぶり : 史跡根城の広場 (根城入場有料)
(07) えんぶり公演 : 八戸市公会堂 (観覧有料)
(09) お庭えんぶり : 更上閣 (観覧有料)
(10) かがり火えんぶり : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)

2月19日
(08) マチニワえんぶり公演 : マチニワ (観覧無料)
(11) 史跡根城えんぶり : 史跡根城の広場 (根城入場有料)
(12) えんぶり一般公開 : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)
(09) お庭えんぶり : 更上閣 (観覧有料)
(10) かがり火えんぶり : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)

2月20日
(08) マチニワえんぶり公演 : マチニワ (観覧無料)
(12) えんぶり一般公開 : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)
(09) お庭えんぶり : 更上閣 (観覧有料)
(10) かがり火えんぶり : 八戸市庁本館前市民広場 (観覧無料)

_6222835_Instagram2402.jpg
↑お庭えんぶり @ 更上閣( EOS_R6 + RF24-105mmF4L_IS )

■ まとめ ■
実はお祭り前日の2月16日に仕事で青森県へ行きます。 約7ヶ月ぶりの青森県で観たいところ、
寄りたいところ、食べたいところ、会いたい人、そして八戸えんぶりもあるのですが、出張なので
とんぼ返りなんです。 非常に残念。。。気が早いですが来年(2025年)は思いっきり「八戸えんぶり」
に染まりたい。。。

【メモ】
令和6年八戸えんぶり
期間 : 2023年2月17日(土) ~ 2月20日(火)
時間 : 朝から晩まで
場所 : 八戸市中心街一体
*誤植、新型コロナウィルス感染症対応などで記載した情報が異なる可能性があります。
*文中の価格は訪問当時のものです。 最新情報は現地で確認ください。

batch_Instagram_Glyph_Gradient copy  Instagram @ kazumasakamata   Facebook @ kazumasa kamata

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは!
なんと塩町が写ってるじゃないですか(´▽`*)
私は今年、寝坊してまつりんぐ広場に間に合いませんでした(爆)
今年の八戸えんぶりの一斉摺りは、表通り凄いお客さんだったみたいですね~!
賑わいのある2024だったと思います☆

1207Blue

大変ご無沙汰しております。7ヶ月ぶりに青森県へ行ったのに、となりの三沢市に前日まで居たのに、八戸えんぶりを観ずに後にしました。非常に残念、サラリーマンは辛いですね。 今年は土曜日が初日だったため、大変盛り上がったようですね。お天気も良かったご様子、あぁ、観たかったなぁ。
02 | 2024/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -